•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


頬骨形成 高須クリニック

高須クリニック頬骨形成について
・皮膚にメスを入れない国内で唯一の頬骨形成術
・頬骨削りや頬骨切りといった頬骨形成は、頬骨の張り出しが少なく欧米人みたくシュッとした輪郭にするため欠かせない施術です。
・頬骨の前方の突出を小さくする場合は頬骨削りを行います。
・頬骨が横方向に張り出す原因の多くが頬骨弓にあり、頬骨弓の突出を改善するには2種類の手術法があります。
・これらの手術の正式名称は今のところなく、クリニックによってマラーリダクション、アーチリダクション、アーチインフラクチャー法などと呼ばれています。
-頬骨の張り出した箇所を削る方法
・頬骨弓はとても薄く厚さが4~5mm程度しかないため、削ってもせいぜい2~3mmga
限界です。
・さらにこの骨の中央部外側に顔面神経という重要な神経の一部が走行していて、頬骨弓外側を削る際に右神経に負担がかかると額にしわが寄らなくなったり、眉毛が挙がらず下がってしまったりします。
・そして頬骨弓は外からの衝撃が加わると破損しやすい部位のため、骨削りで一層骨折しやすくなるリスクもあります。
-頬骨弓を骨切りし内側に転位させる方法
・頬骨の出っ張りを小さくするのと同時に顔の横幅を狭くすることが可能な頬骨形成は、頬骨弓そのものを内側に移動させるという操作を行います。
・もっとも頬骨弓の内側に側頭筋が存在し、側頭筋が付着する下顎骨筋突起が長い人だと頬骨弓を内方転位し過ぎると口が大きく開かなくなるので注意です。
・高須クリニックにおける頬骨形成症例の多くは頬骨削りと頬骨弓骨切りを併用しています。
頬骨弓が側面に張り出している方は、同時に前方へのボリュームがあって突出している傾向が強いためです。
・口腔内の粘膜を2cm程度切開し,頬骨弓前方と後方の2箇所で骨切りを行い、頬骨弓全体を内側にスライドさせることで頬骨の突出を改善し、スッキリした小顔に仕上げることができます

-皮膚にメスを入れない高須クリニックの頬骨形成
・「EZカンター法」と「プリベンディット法」の2種類があります。
・EZカンター法は専用の手術器具で口内から頬骨弓の前方および後方を骨切りし、頬骨弓を内方転移させていく手法で固定は必要ありません。
・よって頬骨の突出具合がそれほどでもない方に適した頬骨形成です。
・これに対しプリベンディット法は同様に口内かより頬骨弓の前方および後方で骨切りを行うのですが、骨切り部分を専用のチタンプレートとチタンスクリューを使って固定します。
・チタンは人体に親和性が高く、骨折治療などで使用される素材のため安全です。
・プレートも純チタン性であり金属探知機にすら反応しません。
・数ヶ月経過し骨の癒合が完了すればプレート除去手術で外すことも可能です。
-他院よりも高須クリニックの頬骨形成が優れている点
・手術のリスクが他クリニックの頬骨形成よりとても少ない
・顔の表面に一切傷跡が残らない
・術後頬にたるみがおこりにくい
・他院は耳の前の皮膚切開をし、皮膚および骨膜を骨から剥離し頬骨弓外側から後方部にかけて骨切りを行います。
・超音波による切削器具を使用しても熟練した医師が行わない限り顔面神経の側頭枝(上瞼や額の動きに関わる神経)に影響を及ぼし、結果額にシワが寄らなくなったり少し上眼瞼が下垂するおそれがあります。
・一方高須クリニックの頬骨形成は頬骨弓前方部・後方部共に口腔内よりアプローチして骨切りが行われます。
・特に後方部骨切りは頬骨弓内側から行うので、耳前の皮膚切開で行う一般的手法と比べて顔面神経の側頭枝が損傷するリスクが低くなります。
・また骨切り部位の骨膜のみを剥離し、頬骨弓の全体を上方に引き上げ固定することで、術後たるみが生じにくくなる工夫を施しています

■高須クリニックが取り扱う頬骨形成
-頬骨削り
・頬骨の前方部をボリュームダウンさせる頬骨形成手術です。
・削る範囲を頬骨上の皮膚に等高線状にマーキングします。
・口の中の粘膜を5mmほど切開し、専用器具で削る範囲の骨膜を剥がします。
・EZカンターを用い骨の出っ張りを削って落とします。
・頬骨体の前面部は骨が薄いため削り過ぎに注意しつつ慎重に骨削りします。
-頬骨弓骨切り(アーチ・インフラクチャー法)
・骨切りを伴う頬骨形成には以下の2通りの施術方法があります。
①EZカンター法
・頬骨付近の口腔内粘膜を5㎜程度切開して骨切り箇所の骨膜剥離を行います。
・特殊な器具で頬骨弓前方および後方の2箇所で骨切りします。
・分離した頬骨弓を内側に転位します。
・前方と後方で生じた段差の骨削りを行います。
・特別な器具を使用することで頬骨弓の骨膜の剥離を必要最小限に留めます。
・こうすることで術後頬骨弓が適切な位置からずれてしまうことを防止します。
・顔の表面に手術の跡が残ることはありません。
・術後ごく稀に前方骨切り部に窪みが生じることがありますが、骨セメント等で修正することが可能です。
②プリベンディッド・プレート固定法
・頬骨近くの口腔内粘膜を5㎜程度切開。
・頬骨体および頬骨弓の周辺骨膜を丁寧に剥離させ、頬骨弓前方部の骨切りをします。
・頬骨弓後方を特殊器具で口腔内より矢状方向で骨切りします。
・切断分離させた頬骨弓を前方上方向に引っ張り上げ(たるみ予防のため)、あらがじめ用意したプレートを使って固定し、段差をならします。
・この頬骨形成では骨切り断面を合わせプレートにより固定するため骨切り部に窪みが生じることがありません

※上記「頬骨形成 高須クリニック」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •