•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


頬骨形成 コムロ美容外科

コムロ美容外科頬骨形成|手術詳細
・口腔内粘膜ともみあげ付近の皮膚を切開して、頬骨の前面や側面の張り出している部分を骨切りし内側に移動させたり、削って小さくすることにより角ばったフェイスラインをなめらかに整えて小顔に仕上げる手術です。
・頬骨の固定にはチタン製のプレートやワイヤーなどを使用しています。
・全身麻酔下で行われます。
-コムロ美容外科の頬骨形成術|ダウンタイムと術後経過
・ダウンタイムには個人差が認められます。
・術後約1、2週間(3、4日目位が腫れのピーク)続きます。
・内出血や感染症が発生した場合長引くことがあります。
・頬骨形成中に細かな血管が傷ついて皮膚の下で内出血がおこり目元~頬にかけ紫色に変色しますが、1~3 週間経過すれば消失します。
・こめかみ付近の抜糸は1週間目、口内の抜糸は2週間後にそれぞれ行います。
・血が溜まることを防ぐためドレーン挿入することがあり、通常手術の翌日に抜去します。
・洗顔やシャワーに関しては、首より下は手術翌日より、顔や頭部はドレーンを抜去した次の日からかまいません。
・メイクはドレーン抜去翌日から可能です。
・食事については約1~2週間熱いものや辛いもの、堅いものを控えるようにして下さい。
・咀嚼困難なら数日間は固形物を控えて下さい。
・食後2週間はイソジンでうがいして下さい。
・コムロ美容外科への通院は頬骨形成の翌日、2日後、1週間後・2週間後となります
完成は約6ヶ月後です
・むくみは3ヶ月から6ヶ月の間残ります
・傷の赤みについては数ヶ月の経過で色素沈着して薄茶色になった後白っぽいラインへと変化していき改善していきます。
・術後3ヶ月までは傷が硬くなっていますが徐々に柔らかくなっていきます

-頬骨形成の術後トラブル・コムロ美容外科の対応
・喫煙は血液循環を阻害するため傷の治癒が遅くなります。
・また細菌が付着することで感染を誘発する原因にもなります。
・術前2週間前から術後1ヶ月の間は禁煙してください。
・手術後4ヶ月間はまだ腫れや炎症が残った状態のため、強引に手術を行うと傷が汚くなったり癒着が強くなって変形するといった危険があるので、原則手術を行えない期間です。
・腫れ・炎症の治まる4ヶ月以降に医師が判断し調整を行うことを御了承下さい。
-頬骨形成術のトラブル一覧
①感染症
・頬骨形成手術後に熱感や痛みや腫れがひどくなる、あるいは長引いたりした場合感染の疑いがあります。
・感染が起きてしまったら、内服薬の服用や抗生剤点滴を1~2週間行い様子を見ます。
・感染がひどい場合は口の中や皮膚を切開し患部の膿を出したうえで傷の中を毎日洗浄します。
・非常に稀なケースですが、骨を固定する際使用した金属プレートが感染原因になる場合があります。
・その時はプレート抜去が必要です。
②血が溜まる
・頬骨形成後傷の中で出血がおこり血が溜まることによって頬を中心に目の周辺や耳の手前が赤紫色に腫れあがります。
・血が溜まった状態が続くと化膿したりシコリができたりするため、コムロ美容外科に来院して早目に処置しなければなりません。
・口腔内を切開して溜まった血の排出処理を行います。
③中縫い糸が体外に出てくる
・皮膚中の縫合糸の先端部が皮膚外に出てきてしまうことがまれにあります。
・そのままにしておくと化膿の危険があるためお早めにコムロ美容外科にご来院ください。
・糸を除去する措置を施します

-頬骨形成術の後遺症やトラブル
(1)皮膚のたるみや余り
・骨格が細くなるのに合わせ皮膚や筋肉も縮まります。
・皮膚が垂れ下がることは稀ですが、頬骨形成を行って出っ張っていた頬骨が消失することで、頬肉の位置が下へ移動し輪郭がたるんで見えてしまうことがあります。
・法令線外側の膨らみが特に大きくなります。
・すっきりしたフェイスラインにするためにはリフトアップ手術やバッカルファット切除、脂肪溶解注射が効果的です。
(2)頬や上口唇の痺れ
・頬骨形成では知覚神経の付近を手術中の操作で触る必要があり、それにより頬と上口唇に痺れが発生することがあります。
・ほとんどのケースでは1年以内に自然回復するのですが、稀に感覚が元通りに戻らないケースがあります
△コムロ美容外科のテーマから逸脱 m(_ _)m

※上記「頬骨形成 コムロ美容外科」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •