•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


雅美容外科

雅美容外科の脂肪注入豊胸術は、吸引もさることながら注入に力を注いでいます。注入する際には単純に大量の脂肪を入れれば良いわけではなく、まずは脂肪そのものを質の良い脂肪と悪い脂肪として振り分けます。ゴミや不要なものが混ざった脂肪ではせっかく丁寧に注入しても生着率が著しく低いからです。医療用器材もどんどん発展してますので「でもこういった作業は全部機械がやってくれるんでしょ?」と思われるかもしれませんが、これらを使いこなすにも医師の技量が必要です。そして注入する脂肪が用意されましたら、バストのどの部分に注入していけば良いのか見極めが重要です。患者さんの体質も人それぞれですし、乳腺が発達している方なのか、大胸筋は発達している方なのか、皮膚の厚みはどうなのか、そういった要素を全て照らし合わせて注入場所を決めます。また、注入は少しずつ何層にも分けて入れていくことでシコリや石灰化のリスクを軽減できます。一度にドバッと入れてしまうと塊になってしまう可能性は非常に高いです。2chや相談掲示板でみかける”シコリ問題”の大半は、こういった医師の雑な手技が原因であることが多いです。もし脂肪注入の豊胸をどこでやれば良いのか分からないかたは、まずはこの施術をやっているクリニックのカウンセリングをたくさん回ってみてください。徐々に、選び方やご自分の判断基準が分かってくると思います

私は自分の脂肪をバストに注入する豊胸手術を、雅美容外科の川端院長に執刀してもらいました。整形するって決めたのに、いざカウンセリングに行くとなった朝は後ろめたい気持ちを抱えていました。親にも内緒で、健康で五体満足なのに罰当たりなことなんじゃないか…と思う半面、コンプレックスで仲良しの友達に酷い態度をとるくらいなら満足するように手術しちゃった方がまし…と両方の考えが頭の中をぐるぐる回っていました。その状態でカウンセリングが始まったのですが、先生から一通り手術の説明をうけたあと、手術すること自体を悩んでいると打ち明けたんです。先生は私が言いたいことを最後まで黙って聞いてくれ、そして共感と同時に、背中を押してくれる言葉をくれました。それを聞いた時に、頭の中に霧がかっていたものがパッと晴れました!先生の一言で後ろめたさもなくなり、精神的にも落ち着いて手術を迎えることができました。2chでは雅美容外科の川端院長の技術に関してばかり評価されていましたが、もちろん腕も本物の先生だと思いますが、私は気持ちの面でも名医だと言えると思います

雅美容外科のまえに行ったクリニックでは、私は痩せているので十分な脂肪が取れないからと手術を断られました。バッグの豊胸は自分の中で絶対に嫌だったので手術を諦めるしかないのか…と思っていた矢先、川端先生を知りました。先生は口コミでもたくさんの人が賞賛してましたし、2chでは「他院で断られてた人も行ってみるといい」と書いてあったので、カウンセリングの予約をしました。先生は私の脂肪のつき具合を見ると、「確かに脂肪は少ないけど、取れないことはない。注入も鮮度のいい脂肪を分別する作業をするから大丈夫でしょう」と言われました!本当に本当に嬉しくって、もうその場で手術の予約をしちゃいました!先生に他院で断られたことを伝えると「断る先生もいると思う。それくらい慎重になる手術なんです。でも僕はたくさんの症例をこなしてきている。君も成功させる自信がある。自信がなければ僕も断りますよ。本当だったら出来ない手術でも嘘をついてやってしまう医者もいる。それなのに正直断った医者は素晴らしいと思いますよ。」と言ってました。なんだか納得しました。そして無理に手術を引き受けなかった前の先生にも御礼を言いたいです

(1)自分の体の脂肪を注用する安心感
(2)自然な見た目、触感
(3)くり返し注入できる
(4)部分的な胸のやせ(授乳後にやつれた胸の上部など)などの局所にも対応できる
(5)ダイエットではどうしても痩せられない部分を細くすることができる
(6)バッグの挿入に比べ、術後の痛みも少なく傷もほとんど残らない
(7)圧迫、下着などの制限も少なく、ダウンタイムが短い

手術方法 自分の体のやせたい部分から脂肪を吸収し、その脂肪を利用する。
手術時間
処置時間
注意

(1)1度にできるバストのサイズアップが限られている
注入量を増やしすぎると感染やシコリのリスクが高くなる
(2)大きさに個人差がある
注入された脂肪は、最初の2ヶ月で吸収されます。2ヶ月後に残っている脂肪が一生生着しますが、2割~5割と差があります。

アドバイス

毎日何件もの脂肪を扱う手術を行う、技術・経験がある医師選びが重要です。

※上記「雅美容外科」は読者別々寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •