•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


城本クリニックで鼻中隔延長術

鼻中隔延長術とは、短い鼻や低い鼻先を鼻先を前の方や下方に伸ばすことで修正する手術だそうです。鼻の穴にプラスチックを入れて鼻先をのばして下にさげる鼻プチってしってますか?それを手術で永久にとれないようにするかんじだとおもいます。鼻中隔延長術で伸びるところは鼻先だけではなく、左右の鼻の間の鼻柱という部分も下に伸ばせるらしいんです。わたしみたいなぺちゃ鼻どこまで伸びるのかな~?という感じではありますが・・。どれだけ鼻を下向かせられるか、のばせるかは個人差がありますね。城本クリニック鼻中隔延長術は非常に症例が多いそうで、近年の5年間だけでも300の症例は少なくともあるのではないかと思います。城本クリニックで手術を受けた方のその後の経過を全部知る方法なんてあるわけないから、受けてみないと成功するか失敗するか分かりませんが、少なくとも医師の経験が豊富なのはたしかでしょう。城本クリニックのモニターの患者さんは、小鼻(鼻翼)より鼻の真ん中が少し下に伸びるようになっていて理想的でした。私は鼻柱の付け根を下に向かってに2mmくらいのばしたいです

城本クリニックの森上和樹医師に鼻中隔延長術をうけたいと思っています。鼻中隔延長術 の症例としては、上を向いた鼻先を下に向けてブタ鼻を目立たなくする方法があります。鼻先はどのくらいのばせるのでしょうか?のばすのは骨をくっつけて縫うのですか?それともプロテーゼかなにかをいれるのですか?斜め前下に向かって出来る限り鼻先を伸ばしたいです。鼻よりも目の方が整形は難しいっていうけどやっぱり鼻中隔延長術は患者ごとに好みが細かいし難しいらしいんですね。横から見たときの角度をこうしたいとか、もっと長さがそしいとか自己満足てきな要求が多くて医者も困るって2chにかかれてました。たから、鼻中隔延長術で希望の鼻になるには、どういう方法で鼻先から鼻柱までを延長するのかとか医師とよく話し合って長さどうするかとか決定することが大事なんです。 鼻中隔を延長できる長さは指で鼻の頭をつまんで伸びる長さっていいますね。鼻の皮膚と粘膜が伸びるところまで延ばせるらしいですよ。軟骨を延長に使う方法もあるのでカウンセリングのときに話をきいてみるといいかもしれませんね

城本クリニックでの鼻中隔延長術ってどうですか?湘南や高須では鼻中隔延長術に使用する軟骨は、ブタの肋軟骨らしいですね。たのめば耳の軟骨でもやってくれるらしいですが、耳の軟骨は耳裏にどうしてもキズが残るからあまちおすすめてはないらしいです。城本クリニックでは鼻の穴の奥にある鼻中隔軟骨も使用できるんですか?鼻中隔延長術全体では鼻の軟骨を使う人が一番多いみたいです。二番目が肋軟骨。最後に耳の軟骨なんですって。肋軟骨はブタのものじゃなくて自分の肋骨使うクリニックも多くて胸に傷痕ができるし負担が大きいらしいです。手術も全身麻酔になるとか。耳の軟骨を使う患者は、以外にすくないんですね。鼻のオペなんだから、鼻中隔軟骨を切り取るのが一番リスクも負担も少ないというわけ。城本クリニックの田中真輔医師か高須クリニックの高須幹弥医師ならどちらが鼻中隔延長術は上手いですか?

採取した鼻中隔軟骨が小さすぎたり蓄膿などの鼻の手術で鼻中隔軟骨がすでに切除されている場合は鼻中隔延長術で鼻中隔軟骨が使えないんですって。一度軟骨取り出して、あ、小さいから使えないなんてことになったら悲しいですね。その場合の再手術の料金はまた一からかかるんですか?城本クリニックは保存軟骨をつかうという口コミは本当ですか?
鼻中隔軟骨だけでは小さいし固定が悪いから、保存軟骨があるとベストらしいです。保存軟骨とは、他人の胸の軟骨を薬品で処理した人工軟骨(?)なんですって。ほとんどがドイツ製らしいです。ということはドイツ人の軟骨なんですかね・・。保存軟骨は本物の人の骨ですが、薬品で処理されているので拒否反応やウイルス性の病気が移る心配はないそうですよ。保存軟骨はなにがいいかって、吸収される心配がないことです。でも100%吸収されないともいいきれないらしく、保存軟骨を使うときには、患者自身の鼻の軟骨も切り取り併せて使うのが一番いい方法だそうです。城本クリニックで鼻中隔延長術するには矢沢慶史先生か津江知里先生どっちが上手いですか?

※上記「城本クリニックで鼻中隔延長術した結果」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •