•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


顎プロテーゼ 腫れ

・人工骨と顎の骨が癒着するまで平均してどれくらい時間がかかりますか?
・人体には骨膜があるので骨膜に一旦固定されています。これは約1〜2週間です。
・しかし人工の骨は骨の凹凸に正確に収まるので、一旦移植するとシリコン顎プロテーゼのようにずれたり移動したりする心配はありません。
・人工骨の自家骨形成には約2年が必要です。
・ハイドロキシアパタイトは理想的なデザインを作るのが難しいと聞いたことがありますが実際のところどうですか?
・鼻筋を通すとき、基本的に人工骨(ハイドロキシアパタイト)は顆粒を使用されます。
だからプロテーゼほどデザインに自由度はありません。腫れが少なくすむわけでもありません。
・顎プロテーゼを可能な限り使用して顎を前に出すことをお勧めします。
・しかし顎プロテーゼでは行えないことがあるのも事実で、その場合み人工骨が有用であるということになります。
・顎プロテーゼの代わりに人工骨を用いればよいというわけではないことにご注意ください

・顎プロテーゼはどれくらいの期間保持されますか?また、引き抜かれた場合にはくぼんでいませんか?
・数年前顎プロテーゼ手術を受けました。これまで何の問題もなかったんですが、突然手術が行われた場所で何か変わったと感じました。
・口を動かすと違和感がはっきり出始めました。プロテーゼ自体は小さく外観にも腫れや変形などはありません。
・ずれたプロテーゼが皮膚を圧迫して腫れ上がっている事例をクリニックHPで見ました。
・私はその状態になるのを恐れているので、腫れが出る前にプロテーゼを交換する方が良いかどうか迷っています。
・プロテーゼがずれたりすることは適切な外科処置が行われればまずありませんが、実際にプロテーゼがずれてしまった症例が多く見られます。
・適切に顎プロテーゼが行われれば数十年は保つと思います

・まずは3DCT検査でシリコンプロテーゼの状態を確認しましょう。
・プロテーゼが顎骨にくいこんで窪ませている可能性が高いです。
・腫れが悪化して炎症を起こしているケースもあります。
・その場合はプロテーゼを抜き取ってオーダーメイドの人工骨を移植するのが最適です。
・固定されたプロテーゼが上に移動する可能性はないか?
・シリコンプロテーゼによる顎形成はせず、私たちは通常人工骨を使用します。
・人工骨はそれ自身の骨に強い接着力を持っているので固定する必要はないと言われていますが、当面は糸で固定されています。
・シリコンプロテーゼとは異なり顎骨に癒着するため動く心配はありません(骨癒着)。
・プロテーゼを抜いた場合凹んだ場所はそのままですか?
・顎プロテーゼによる顎の整形において、顎骨が凹んで変形していることがよくあります。・変形した骨や凹凸な骨は人工骨で補完する必要があります

※上記「顎プロテーゼ 腫れ」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •