•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


オトガイ骨切り 松井医院

-顎の悩みとEライン
・長すぎても短すぎても気になるのが顎です。
・綺麗でスッと美しいラインの顎をもつ方は意外と少ないです。
・整った横顔の条件によく挙がるのが通称Eラインと呼ばれる線です。
・欧米人に比べ顔に凹凸感がない日本人の場合、鼻先・唇・顎先を結ぶラインが直線になると美しい横顔と評価されます。
・なお日本人は骨格的に顎が短い場合が多いので、横顔は勿論のこと、正面から見た顔の印象ものっぺり見えてしまうことが多いです。
松井医院オトガイ骨切り
・松井医院では顎ラインを整える方法として、ヒアルロン酸注射やプロテーゼ挿入術の他にオトガイ骨切り等の輪郭形成手術も用意しております。
・顎が長い・短すぎる・しゃくれている・二重顎・顎がしゃくれているといったように、顎の悩みは人によって様々です。
・松井医院は美容形成外科の確固たる歴史があり、もちろんオトガイ骨切りに関しても豊富な経験を誇ります。
・お気軽に一度無料カウンセリングを受けてみてください。
-Eラインについて
・エステティックライン(通称Eライン)は、横顔の美の基準となるラインで、鼻の先端部と唇、それに顎先の3点を結んぶ線を指します。
・Eラインを提唱したアメリカの医師は、上下唇がラインに触れず、やや後方に位置する状態が最も美しいと定義しました。
・具体的には上唇が4㎜後方に、下唇が2㎜後方に位置するのがベストとされます。
・もっとも日本人の場合は欧米人に比べ鼻が低いということもあり、上と下の唇の先が直線に触れてる状態が好ましいようです

■松井医院の顎整形(オトガイ形成)治療一覧
-顎注入術(ヒアルロン酸・ハイドロアパタイト)
・たった10分程度の注入術により理想のEラインに近づけます。
-顎形成(プロテーゼ挿入・オトガイ骨切り)
・小顔効果が半永久的に続くことを希望する人に人気です。
-顎縮小(オトガイ骨切り・後方移動・中抜き)
・顎が前に出ている場合は、顎骨切りで顎の長さやサイズを調整します

-オトガイ骨切り後のたるみ修正について
・小顔にあこがれる女性は大勢いらっしゃいます。
・松井医院が得意としているフェイスリフトも、顎のたるみを無くし卵型の自然な輪郭をもたらすという点で、小顔効果が期待できる手法といえます。
・もっとも代表的な小顔形成といえば、エラや顎骨、頬骨を削ったり切ったりする輪郭形成手術が挙げられます。
・骨切り手術の場合は、フェイスラインのベースであった骨格を削って除くので、手術後どうしても骨周辺の皮膚や筋肉が余りがちになります。
・年齢が若い方ほど肌の弾力性に富むため、新たなフェイスラインに自然に吸い付き馴染んでいきますが、それでもある程度長い時間が必要となります。
・完全には萎みきらず、骨の量が減った分だけ多少たるみが生じてしまいぼやけた輪郭になってしまう方もおられます。
・骨格だけを小さくして小顔になったところで、骨格を覆う皮膚面積も小さくしない限りは結局皮膚が余るのでフェイスラインは崩れてしまうのです。
・このオトガイ骨切り後におこる皮膚のたるみに関して、松井医院ではフェイスリフトの技法を応用することで多大な実績をあげており、患者の皆様にもご好評です。
・たるみにお悩みなら是非松井医院のカウンセリングにお越しください。
-オトガイ骨切り後のたるみ修正術の流れ
・アフターケアについて
・手術後1週間目に抜糸となりますが、それまでのあいだ特にトラブルが無いようでしたら来院の必要はありません。
・術後4~5日目から仕事に復帰される方もいらっしゃるようです。
・リスクに関して
・一般的なフェイスリフトと比較するとリスクは大幅に減少します

※上記「オトガイ骨切り 松井医院」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •