•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


恵聖会クリニックでアゴ骨切り

恵聖会クリニックの顎形成術(下アゴ骨切り術)
・バランスのとれた小顔輪郭に変身するのに最も効果的な手術の一つとして、恵聖会クリニックでは下アゴ骨切り術を推奨いたします

・そもそも小顔を目指す場合顔のどの部分の輪郭を変えるのが最も効果的なのでしょうか?
・顔の下半分が小さければ視覚的にそれだけ顔がより小さく見えるため、エラやアゴ先がその候補に挙がります。
・もっとも顔の下半分のフェイスラインを構成する下顎骨は連続した形状をしていることから、一定の限定された部分だけ削ってしまうとかえって顔全体のバランスが崩れることになりかねません。
・具体的には、例えば下あご全体が大きい人がエラと顎先のみ削りそれ以外の部分が残ったままだと、いわゆる四角い下膨れのような輪郭となります。
・それ以外の箇所を削ろうとしても、その部分は神経が走行しているため困難なのです。
・エラとあご先の間には下あごの皮膚と下口唇の感覚を担うオトガイ神経が存在します。
・右神経を損傷しないようエラ~顎先まで連続した骨切りを行う恵聖会クリニックの「全周下アゴ骨切り術」は、難易度がとても高く熟練の技術が要求される顎形成術となります。
・また右手術を行なうにあたっては、下あごのどの箇所をどれ位削れば理想の仕上がりになるかを術前に正確に把握しておかねばなりません。
・そのために恵聖会クリニックにおいてはコンピューターによるシミュレーションで患者様のご希望に沿った輪郭イメージを明確にし、下アゴ骨切り箇所を明確にしておくのです。
・シミュレーションの有効性とそれを基に行われる下顎骨切り術は高い輪郭改善効果を約束してくれます。
・恵聖会クリニックでは、皆さんの魅力を可能な限り引き出す下アゴ骨切りを行い理想のフェイスラインを目指すお手伝いを致します

-恵聖会クリニックの顎形成術(下アゴ骨切り術)の流れ
・口腔内を切開しそこから下顎骨にアプローチしていきます。
・左右奥歯の歯肉の外側部分、それから下口唇の裏側部分を切開し、あご先からエラに向かい剥離を進めていきます。
・エラから顎先全周にわたり骨切りを実施する部分を展開させます。
・下顎角部外側周りの外板をラウンドバーを用いて広範囲に骨削りし、正面顔のラインを細くシャープにさせます。
・エラの突出箇所は内板に至るまで全層に渡って骨切りを行います。
・後方への下顎角部の張り出しが無くなるので、斜めないしは横から見た際のフェイスラインを改善させることができます。
・短縮するあご先部分を全層にわたり骨切りします。
・骨切り線をフェイスラインに沿う形で顎からエラ方向に進め、連続して下アゴ骨切りを行ないます。
・骨切り箇所の断端を平らにならし整え、口腔内粘膜の切開部を縫合して下アゴ骨切り術は終了となります。
-恵聖会クリニックの下アゴ骨切り術の手術法のポイント
・口腔内の切開箇所は歯肉の側面にある溝の部分にできるため、口を開けた場合でも外から見える場所に傷跡は残りません。
・出血が顕著な場合は、患部に溜まった血液を吸引するドレーンを一時的に留置することがあり、恵聖会クリニック退院時にはドレーンが抜かれます。
・手術後は下アゴ骨切りを行った箇所(エラや顎先)およびその周辺にしばらく痛みや軽い麻痺が発生します(後遺症ではありません)。
・下あごに負担をなるべくかけないよう、ダウンタイム中一週間ほどは食事は柔らかい物中心に召し上がるようにしましょう

-恵聖会クリニックの顎形成術(アゴ骨切り)へのこだわり
①確実な効果
・小顔を目標として行なう、エラからあご部分に至る全体を効果的かつ安全に処理する下アゴ骨切りは非常に難易度の高い手術といえます。
・恵聖会クリニックでは、患者一人一人の要望にできるだけ応えるために、おのおのの輪郭に最適な様々な輪郭形成術を無理のない値段にて取り扱っております。
②的確な診断
・アゴ骨切りやエラ削り、あご骨削りといった輪郭形成手術においては顔のトータルバランスを考慮しなければなりません。
・下アゴ骨切りを行うならば、正面顔はもちろん斜めや横など様々な角度でバランスが保たれていることが重要で、それに加えて顔の上半分と目や鼻、口といった各種パーツとの間でバランスがキープされていなければいけません。
・手術前のカウンセリングでコンピューター画像による綿密なシミュレーションを行ない、理想的な輪郭を把握し骨切り箇所を明確に決めておくことが肝心です。
③無痛麻酔なので安心
・恵聖会クリニックでは全ての麻酔が選択可能であり、安全に手術を受けることが可能です。
・全身麻酔においては安全管理を徹底することにより、日帰り手術も十分可能です。
・術中痛みをコントロールすることはもちろん、術後に生じる痛みを和らげる恵聖会クリニックオリジナルの工夫も積極的に行ないます

・先月恵聖会クリニックで顎変形症の手術(上下アゴ骨切り)をやりました。
・幸い術後傷の痛みは全くと言っていいほど感じませんでした。
・もっとも口全体(唇や歯茎、内側の粘膜)が麻痺していたせいで傷口の痛みを感じなかったというほうが正確かもしれませんね。
・翌日からは歯が固定しされて顎が動くこともないため顎骨についても痛みは感じなかったです。
・むしろ私の場合手術箇所の痛みよりは、上下アゴ骨切りの手術を長時間同じ体勢で受けたせいか、背中からお尻にかけ床ずれみたくなっていて、その痛みに2,3日間悩まされました。
・手術時間が長いとこの痛みもバカに出来ないと思います。
・また痰がよく出るのでその吸引もきつかったです。
・吸引しないと気持ち悪いですし、とる場所を失敗するとえづきます。
・このように傷口や骨に関しては痛みなどは無かったんですが、しいて言えば寝起きの際頭の動きに顎がついてこない奇妙な感覚がありました。
・恵聖会クリニックから退院する前に抜糸を行うと思いますが、抜糸時には感覚も大分戻っていると思いますので糸を外す際痛いかもしれないです。
・ちなみに私は少し出血しましたし、感覚が戻りかけている箇所に痛みも感じました。
・我慢できないくらいではないんですがそれなりの痛みでした。
・上下アゴ骨切り後初めての食事の時や、流動食から固形物に切り変わった時は顎が思うように開かず、動かすたび痛みが感じられることがありますが、恵聖会クリニックから指導された開口訓練を根気よく続けていけば次第に口が開くようになっています

・受け口の度合いが大きい患者さんほど、アゴ骨切り術後の輪郭やフェイスライン、口元の印象が大きく変わります。
・外科的手術であるアゴ骨切りを行うことにより、長年コンプレックスや日常的なストレスから解放され、審美的にも歯列矯正を併用することで歯並びが綺麗になります。
・恵聖会クリニックの受け口修正(下アゴ骨切り)はしゃくれや受け口を改善するのみならず、顎に関するそれ以外の色々な症状や状態を改善させることが期待できます。
「アゴ骨切り術」で下顎骨の突き出しや長さを調整することによって受け口やしゃくれを解消します。
・また下アゴ骨切り術に前後して歯列矯正を行うことも多く、歯並びの改善により見た目の印象を大きくアップさせることも期待できます。
・下アゴ骨切りでは下顎の長さや突出を調整するため、正面顔に限らず横顔のバランスも改善されます。
・さらに受け口やしゃくれが原因で食べ物の噛み方に癖があり、口元が歪んでいる方であっても、下アゴ骨切りと歯列矯正を併用すれ歪みが改善されます。
・恵聖会クリニックの受け口・しゃくれ修正手術(下アゴ骨切り)はあなたを生まれ変わらせるといっても過言ではありません。
・上記手術を検討なさっている方は、本当に自分にとって下アゴ骨切りが最適なのかを含め、複数のクリニック・医師のカウンセリングや診察を受けて念入りに検討するようにしましょう

※上記「恵聖会クリニックでアゴ骨切り」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •