•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


アーチ・インフラクチャー法 リッツ美容外科

リッツ美容外科アーチ・インフラクチャー法
-概要・効果
・頬骨外側部分に該当する頬骨弓部のせいで顔がゴツゴツしている方に効果的な施術となります。
・頬骨を小さくすることでシャープな小顔になり、鼻も高く見える効果が期待出来ます。
・口腔内を切開して頬骨弓前後2か所で骨切りを行い、頬骨全体を内側へ移動(内方転移)させるという手順になります。
・移動させた頬骨の固定はチタンプレートないしはワイヤーで行います。
・口腔内やこめかみ付近を切開するので傷跡は目立ちません。
・輪郭のトータルバランスに関しては事前にリッツ美容外科の医師とのカウンセリングが必要不可欠です。
ーおすすめできる方
・頬骨が横に出っ張っていて顔の横幅が大きい方や、頬骨が目立つ性でごつごつした顔に悩んでいる方。
-アーチ・インフラクチャー法のメリット
・骨を削らずに移動させることによって小顔効果が期待できます。
・傷跡は目立たないところにしかできません。
-アーチ・インフラクチャー法のデメリット
頬骨が小さくなることでエラや顎が目立つようになったりと、顔全体のバランスが失われることがあります。
・術後皮膚にたるみが生じるケースがあります

-アーチ・インフラクチャー法の失敗例
・頬骨を切除すると皮膚にたるみが生じることがあります。
・若い方ならば皮膚や筋肉が比較的引き締まるのでたるむ程度は少なくて済む場合が多いのですが、年配の方ともなると皮膚を切除する必要がでてくることもあります。
・また手術中頬の知覚神経に負担がかかるので、術後しばらくの間痺れる場合があります。・片方の眉を挙げにくくなったというトラブルも報告されています。
・頬骨だけを手術すると顔のトータルバランスが失われることがあるため、リッツ美容外科の医師との間でカウンセリングが重要となります。
-リッツ美容外科の名医
・アーチ・インフラクチャー法は顔の印象を一変させてしまううえ、修正手術は非常に困難であることからくれぐれも慎重に施術しなければなりません。
・仕上がりに対する不満を少しでも無くすため、シミュレーション時患者との間でイメージを共有できる医師が理想です。
・デザイン力やセンスも重要ですから、そういった点で医師をのもありです。
・カウンセリングの際メリットだけでなくデメリットやリスクもしっかり説明してくれるという点も大事です。
-麻酔
・全身麻酔下で行う。
-術中および術後の痛み
・全身麻酔下では意識が無いため痛みは感じす、術後は少々感じるが鎮痛剤で対処可能。
-ダウンタイム
・腫れはピークが3~5日後で、平均2、3週間もすれば大体引きます。
-施術時間
・およそ3時間前後です

-リッツ美容外科のアーチ・インフラクチャー法
・頬骨のボリュームを減らし女性らしい小顔にする方法です。
・リッツ美容外科で行う頬アーチ・インフラクチャー法は、幅広な顔の原因である頬骨弓部の前後2箇所で骨切りを行い、分離した骨を内下側に移動させて頬の張り出しを解消して小顔に仕上げます。
・あらかじめ術前検査を各種行います。
・局所麻酔と静脈麻酔を併用して行います。
・もみあげ付近の皮膚を切開し皮膚下組織などを剥離します。
・つづけて骨膜を切開して剥離し、頬骨弓部を切り離します。
・頬骨弓全体を内側へスライドさせプレートで固定します。
・両端に生じた段差をトリミングしてならします。
・切開創を縫合して終了です。
・術後何回かリッツ美容外科への通院が必要となります

※上記「アーチ・インフラクチャー法 リッツ美容外科」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •