•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ削り

・日本の輪郭形成におけれ手術の中で一番ポピュラーなのがエラ削り(下顎角骨切り術)ですが患者の期待を裏切る結果も多々おきる手術です。
・口腔内からの術式をとる医師が殆どです。
・口腔内からのアプローチであれば顔に手術跡は一切残りません。
・口腔内の狭いところからの電気メスでの手術であっても深い位置にある下顎の角を切断するわけですから問題点も多く医師の技術力によっては失敗することも多々見受けられます。
・美容外科によっては例えば2.5cm位の目立たないところの皮膚を切開し外板(外皮質骨)を削ることにより広範囲のエラ削りを行うので外形だけでなく正面から見た感じも大きく変貌することができます。
・エラ削りは滑らかな曲線を描くように骨を削ります。
・手術は自然な外観を失わないよう行います。
・全長8cmから9.5cmまでの範囲でエラを削っている美容外科が多いようです。
・名医にかかりさえすれば術前の輪郭より美しい容姿を得られるのは確かです|2ch

・エラ削りは口の中の狭い切り口からアプローチするだけでなく最も深い位置を削る手術のため非常に困難を極め経験の浅い医師にとってはエラ骨を広範囲に切断することは非常に難しいといわれています。
・経験の浅い医師に100%の出来映えを期待するのは無理です。
・エラ削りはカッターが切断面に垂直に当たらないので滑らかに骨を切断する高度な技術を要します。
・経験の浅い医師によっては左右の輪郭がそろわないとも言われています。
・輪郭には顔面神経や顔面動脈が流れており手術中にミスをすると出血が止まらかったり、顔面の神経麻痺など重大な事故につながる危険性もあります

・エラ削りは骨を削る範囲が大きい手術です。
・エラ骨は下顎骨の直上にあるので下顎の後部から筋肉の前部まで8〜9.5cm位を削ることができ名医であれば口の中に2.5cm程度の傷跡を残すだけで済みます。
・名医であれば曲線を描くような輪郭を作ることが可能です。
・骨切開用のカッターを骨に垂直にあてて手術します。
・名医であれば左右差なしに仕上げることができます。
・名医であれば安全性は高いです。
・顔面神経・顔面動脈から遠い位置での操作でありその点は安全性が高いです。
・エラ削りは術後かなり腫れます。
・口の中の傷はわずかですみます

・エラ削り後の圧迫固定は術後3日間くらい顔を包帯(?)をきつく巻き付けます。
・術後はドレーンをつけます。
・エラ削りの術後の痛みは患者個々で異なりますが2〜3日後から徐々に減少していきます。
・腫れは患者個々で異なりますがピークは1~2週間後くらいです。
・術後検診は2週間・3ヶ月・6ヶ月です。
・術後につけたドレーンはすぐに外されます。
・麻痺や感覚は手術後しばらくのあいだ続きますが術後2週間~3ヶ月位で徐々になくなります。
・手術後はしばらく口を開けにくくなりますが徐々に回復します

・エラ削りは本来の左右差との関係上、手術後の左右に患者により若干の違いが出ることがあります。
・手術後に若干の皮膚のたるみが生じる場合もありますが通常は徐々になくなっていきます

※上記「エラ削り」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •