•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


ヴェリテクリニックで鼻孔縁形成術

前から見たときに鼻の穴がはっきり見えすぎてしまうので鼻孔縁形成術で目立たなくしたいと考えています。鼻孔縁を下げる手術なのですが、耳から軟骨をとりそれを鼻孔縁に移植して鼻の穴を目立たなくするのだそうです。鼻の穴が目立ちすぎていつもうつむいて話してしまいます。上司や同僚から指摘されますが、自意識過剰かもしれませんがやっぱり気になります。鼻先をできるだけ下に向け鼻の穴を見えなくしてほしい。ヴェリテクリニックのカウンセリングでそう話すと鼻孔縁形成術という手術が適応とすすめられました。八杉悠医師が担当医だったのですが、正面からみてたしかに鼻の穴がみえる、横から見ると鼻筋がやや短いがさほど目立ちませんという診断でした。鼻孔縁を延長した部分が薄いと凹みのようになる可能性もあるらしく、リスクを踏まえた上で手術を受けるか決定しようと思います

鼻が少し曲がっていて鼻孔の大きさに左右差があります。ヴェリテクリニックにカウンセリングに行ったら解決策として、鼻孔縁形成術か鼻孔縁下降を提案されました。リスクとして考え得るのはこれらの手術により小鼻がひろがった感じにみえる可能性がある。耳介軟骨を移植するのでその部分が膨らんでしまう場合がある。移植部分は鼻毛が生えないそうで鼻の穴を下からのぞいたときに黒くなくて白く目立つ可能性がある、という話でした。鏡を見た時にどうしても自分の鼻の穴が気になってしまうので、鼻孔縁形成術を前向きに考えていますが、下降度合を理想的にするのは非常に細かい作業で難しいようですね。この手術を受けた経験者の口コミや2chでは「下降度合いが物足りない」や「鼻先を下げすぎ」という失敗に評判が目立ちます。ヴェリテクリニックで鼻孔縁形成術を受けるなら田中宏典ドクターと決めていますが、繊細な手術であるだけにうまくいくか不安も残ります

人と話していても鼻の穴が気になって正面顔を見られたくありません。ヴェリテクリニックに相談に行き、鼻孔縁形成術をいう施術の説明をさいてもらいました。この施術の仕方も千差万別あるらしく、元の鼻柱が鼻翼基部より上にある人には鼻孔縁延長をやってしまうと鼻孔縁が水平にまっすぐに見えてしまい、前から見ると平たい鼻孔縁の鼻になってしまうそうです。鼻孔縁を下げるのは難しい手術らしくよほど美的センスと技術に優れたドクターでなければ満足のいく手術はできないそうです。鼻孔縁形成術の失敗例としては、傷痕だけできてまったく変化なかった、鼻孔縁を下げすぎておかしい、鼻孔縁が下がったけど外見的に理想ではないなどのりゆうから修正の依頼も多いとのことでした。ヴェリテクリニックで鼻孔縁形成術をうけるなら室孝明医師がいいのですが、ヴェリテ福岡院は閉鎖されたらしく、ビスポーククリニックという新しい名前になって再スタートしたそうです。室先生に施術をうけたいのならビスポーククリニックで予約をしたほうがいいかもしれません

鼻孔縁を上げる手術と下げる手術があるらしいのですが、私が鼻が短くて横から見ると鼻を切り落とされた人のような形です。当然、正面からみると鼻の穴が大きく目立ってしまうので鼻孔縁を下げてのばすような手術を探していたところ、ヴェリテクリニックのホームページで鼻孔縁形成術という施術をみつけました。モニターの方の症例写真の術前が今の私の鼻にそっくりで、術後の形がきれいになっていたので私の鼻の形もきれいに変えられるかも知れないと希望がわきました。鼻孔縁を上げるのは簡単らしいのですが、下げるのは軟骨の移植を伴い難しいオペなのだそうです。ヴェリテクリニックの大橋菜都子医師は鼻の修正も数多く手がけていらっしゃるという評判なのでお願いしようとおもっています。しかし、この手術に大失敗した人のブログで失敗写真をみてしまい、画像がひどかったもので形成は大変なリスクを伴うと覚悟しております。ぜひ名医に担当してほしいので少しでも情報を頂ければ幸いです

※上記「ヴェリテクリニックで鼻孔縁形成術した結果」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •