•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


自由が丘クリニックで上眼瞼皮膚切除

上まぶたのたるみとりには自由が丘クリニックでは4つの方法を用意しています。
上眼瞼皮膚切除
・眉毛下皮膚切除(上眼瞼リフト)
・眉毛上皮膚切除(眉毛リフト)
・前額リフト上眼瞼皮膚切除
その内の上眼瞼皮膚切について患者さんからよくある質問は下記などです。
「上まぶたのたるみとりと二重切開法は何が違うのですか?」
「上眼瞼皮膚切除ではどうしても皮膚を切除しなければいけませんか?」
「眼瞼下垂と上眼瞼皮膚切除の違いはなんですか?」
「アイプチのやりすぎで伸びたまぶたのしゅうせいにはどの手術が向いていますか?」
「上眼瞼皮膚切除だけでは厚い腫れぼったいまぶたは治りませんか?」
自由が丘クリニックの上眼瞼皮膚切除は垂れてしまったまぶたの皮膚とその下にある筋肉(眼輪筋)を直接切り取り縫合をすすめます。直接筋肉や皮膚にアプローチできるため、たるみをダイレクトに軽減できます。また二重のラインに切開線を重ねることで傷跡をわかりにくくする効果も抜群です。上眼瞼皮膚切除のデメリットとしては眉毛下皮膚切除と比較してダウンタイムが長くかかる傾向にあることなどがあげられます

「上瞼のたるみを取りつつ、全切開法で二重にしたい」
「全切開法をうけるべきかミニ切開法か悩む」
という相談をよく受けます。
全切開法とミニ切開法の違いは、全切開法はまぶたの端から端まで切って余分な皮膚を切除するのにたいして、ミニ切開法はまぶたの真ん中あたりを1、2センチ切開するのみです。なのでミニ切開は皮膚を切除しません。そのため、上眼瞼皮膚切除と同時に行うことができる切開法二重術は全切開法に限ります。しかし、当然のことではありますが、これは患者さんの状態と要望に合わせて施術方法を選択します。全切開法のみのケースでは、皮膚を切除しないケースもあります。しかし、上眼瞼皮膚切除を伴う場合は第一の目的が上まぶたのたるみ取りにあるので必ず皮膚切除がおこなわれます

上まぶたが加齢とともに垂れ下がってきました。自由が丘クリニックで上眼瞼皮膚切除をうけるにあたり上原清先生にカウンセリングを受けてきました。まぶたの皮膚というのは、まつ毛側に近い方が薄くて、眉毛側に近づくにつれ厚くなっていくのだそうです。上眼瞼皮膚切除では二重の線に合わせて切開を行いますが、私の場合は二重線があいまいになってしまっているらしいので、新しく二重のラインを作る必要があるそうです。ちょうどよいラインでまつ毛側の薄い皮膚を切除して眼輪筋を切除、さらにたるみの引き上げのために腱膜修復術も行うそうです。このときに切除した皮膚の傷跡に段差ができないように気をつける必要があるのだそうです。手術は上原清先生でもいいし、中北信昭先生でもいいなと思っています

上眼瞼皮膚切除のあとに、傷跡の上下でまぶたに段差ができてしまいました。切除する皮膚の縦幅が広いと皮膚の薄いところと厚いところを縫い合わせることになるので段差が出来やすいのだそうです。私は全切開二重形成も同時に行ったので傷がかなり長く目を閉じると分かってしまいます。しかし、その執刀医いわく無理やり傷を短くしようとすると、傷の両端が膨らんで不自然にみえてしまうそうです。二重ラインが三重になったり目頭側や目尻側の二重のラインが二股に分かれる原因になるらしく、こうするしかなかったのだそうです。上眼瞼皮膚切除は修正手術ができないといわれていますが、2chで私と同じ症状の人が自由が丘クリニックで修正を受けており、もしかしたら私も再手術が受けられるのではないかと思いアドバイスをいただきたいです。自由が丘クリニックの大木美佳医師と古山登隆医師の口コミを聞かせてください

※上記「自由が丘クリニックで上眼瞼皮膚切除」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •