•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


自由が丘クリニックで眉毛下皮膚切除

上まぶたのたるみ取りに対して自由が丘クリニックでは眉毛下皮膚切除や上眼瞼皮膚切除などを行っています。上眼瞼皮膚切除はまぶたを切ってたるみを取り除くのでどうしても傷が残ってしまいます。そのデメリットをなくしたのが眉毛下皮膚切除です。眉毛の下縁に沿って皮膚を切除するのが上眼瞼皮膚切除との大きなちがいです。まぶたの皮膚の下にある筋肉も一緒に切除し、残った筋肉を縫合してくっつけます。これによりまぶたのたるみが改善します。眉毛下皮膚切除に失敗してしまうと目を閉じにくくなったり眠っていてもまぶたを完全に閉じられなかったりします。皮膚を切除することで得られるメリットはもちろん大きいのですが、リスクを伴う施術であることを考慮にいれご検討ください

自由が丘クリニックでも他のクリニックでも同じですが、眉毛下皮膚切除を受けるさいには皮膚がどれだけ余っているか医師の正しい診断を仰ぐことが大切です。さほど皮膚が余っているわけでもないのにこの施術を注文する患者様もいますが、その場合は普通の全切開二重で十分です。年齢にして40代以降で眉毛下皮膚切除を受ける方がおおいですね。たまに若い方でもアイプチの多用でまぶたの皮膚がたるんでしまっていたり分厚くなってしまったり、シワシワになってしまっている方もいます。その場合は眉毛下皮膚切除(上眼瞼リフト)か上眼瞼皮膚切除をおすすめするケースもありました。なかにはアイプチで皮膚が被れてしまったにもかからわず使い続けている患者さんもいますが、絶対によくありません。こうなってしまっては元通りの薄くて綺麗な皮膚に戻すことはできません。アイプチを多用して皮膚を痛めてしまうより二重整形したほうが皮膚にとってもよいと言えます

眉毛下皮膚切除は眉毛のなかに少し入ったところで数㎝皮膚を切開して、下方の筋肉を眼窩の縁の骨膜に縫いつけるのだそうです。これによりリフトアップ効果が高まり、より大きくて開きのよい目、たるみのない若々しい皮膚を作ることができるのだそうです。自由が丘クリニックで眉毛下皮膚切除をうけるのだとしたら塩谷信幸医師と武田啓医師はどちらがおすすめドクターですか?わたしは若いころからアイプチやアイテープをたくさん使いすぎたためにまぶたの元々皮膚が薄いところが被れて分厚くなってしまっています。この部分を切除して二重を作るには上眼瞼皮膚切除でも眉毛下皮膚切除でもできないということで、それはあきらめてたるみだけでも取り除こうと思いました

たるんでまぶたの皮膚が余っている場合、二重線で皮膚切除するか、眉毛の下で皮膚を切る眉毛下皮膚切除がいいのか悩んだのですが、自由が丘クリニックの中北信昭医師のすすめもあり眉毛下皮膚切除を受けました。さいきんでは目元のたるみにたいして上眼瞼リフトが一般的になってきているとのことでした。眉毛の下の方が皮膚は厚いので低リスクであり、まつげ側の薄い皮膚は全て残せるし、すっきりとした開きのいい目になるのだそうです。実際、二重を残したままたるみだけきれいに取れたので気に入っています。口コミどおり自由が丘クリニックは術後もアフターフォローがしっかりしていて信頼して手術を託せる美容外科でした

※上記「自由が丘クリニックで眉毛下皮膚切除」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •