•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


顎骨削り

-下顎骨削り・骨切り
・下顎の骨を削って小さくし小顔にする手術です。
・同時に輪郭や横顔や口元を綺麗に整えることもできるので2chや口コミでの人気も高いです。
・ミニエラ削りでは外方へ突出した下顎角の部分の骨を削ります。
・ミニフェイスライン削りではフェイスライン下縁の骨を削ります。
・下顎骨削りは、下顎体から下顎底に至る骨を削ってして小さくします(外板削り)。
・下顎角骨切りは、下顎角を骨切り(下顎角形成、エラ骨切り)して縮小させます。
・エラフェイス骨切り術式では、下顎角を部分的に切断(下顎角骨切りや下顎角形成やエラ骨切り)したうえで骨削り(下顎角削りやエラ削り)を行い小さくしていきます。
・下顎体から下顎底のライン(フェイスライン)の骨切りや骨削りもあわせて行い、場合によっては咬筋切除もプラスします。
・下顎枝矢状分割法は下顎の位置と向きを変更し調整します。
・LeFortⅠ型などの上顎骨削りと同時に行うことも多いです。
・これらは日帰りで行うことが可能な手術です

-内視鏡下骨切り術
・美容外科で輪郭形成手術を扱う場合、肌に切開跡を付けないよう口腔内よりアプローチする方法がとられます。
・その場合顎骨削りなどの深い所の手術はごく限られた狭い隙間からのぞき込むことになります。
・最近では元々顔が小さい患者に対する手術も増えており、さらに直視しづらくなります。
・また他院で行った顎骨削り手術の修正依頼など、2回目以降の手術は組織癒着の為展開しにくくなりますます見えにくくなります。
・このような状況下で手術の安全性を高めるためには視覚情報を多くしなければならず、そのためには術式を改善する必要があるためと内視鏡技術を導入しました。
・当院の医師は内視鏡下手術の経験があるため執刀は問題なく可能です。
・内視鏡を用意することに加え医療器具もそれに伴い変わるため、多少のコスト増大がネックですが、安全に勝るものはないと考えます。
・当院では本来狭すぎて見えない奥のほうも内視鏡でしっかり確認した上で顎骨削り手術を行うことができますので、2chや知恵袋で質問などする前に一度無料カウンセリングを受診してみてください

-下顎骨削り (内視鏡の補助下)
・フェイスラインの張り出し原因である下顎体から下顎底にかけて骨削り(エラ外板削り)を行い輪郭を小さくします。
・事前に各種検査を実施します。
・局所麻酔と静脈麻酔を併用します。
・口腔粘膜の一部を切開し粘膜、筋肉、骨膜を剥離していきます。
・下顎体と下顎底を骨削りします。
・切開創を縫合して終わりです。
・術後に通院を要します。
・下顎骨削り・・\628,000
・モニター割引価格・・\487,880
・詳しくは来院時ご相談ください
△2chのテーマから逸脱 m(_ _)m

※上記「顎骨削り」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •