•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ骨削り ヤンヒー総合病院

タイでのエラ骨削りと日本でのエラ骨削りでの差は、タイでは口外法で骨削りが行われる場合もあるということでしょうか。日本でもサラ美容外科など一部の美容外科で口外法がおこなわれているところもあります。タイのヤンヒー総合病院でも、歯茎外側下部から切開し口の中からエラ骨を切る口内法と、口の開きが小さくて口の中からではアプローチしにくい人には、エラのうらの隠れる部分を最小限切開して張り出している骨を削る口外法がおこなわれます。口外法のばあいは傷跡がのこってしまう(2~3㎝)のがデメリットではありますが、腫れが少ないことがメリット。ダウンタイムも短いため芸能人などが好んでやるそうです。口内法のエラ骨削りは腫れが大きくダウンタイムが長いですが、傷跡が一切顔表面に残りません。なので日にちが経てば整形したと思われるリスクわすれることができます。ヤンヒー総合病院では咬筋がもりもり発達してエラが張ってしまっている人に、ボトックス注射で咬筋縮小させる治療も準備しています。手術時の大量出血があった場合に備えて日本の美容外科では自己輸血を準備しておくクリニックも多いようですが、ヤンヒー総合病院ではエラ骨削り手術で輸血は必要ないそうです。さすがは輪郭専門病院、医師の技術には自信があるんでしょうね

タイにあるヤンヒー総合病院でエラ骨削りを予定しています。ヤンヒー総合病院の中でも輪郭の手術の上手い医師の名前と口コミを教えてください。ヤンヒー総合病院はジャパンツアーがあるので日本からでも簡単に手術の申し込みがあります。美容整形専門の代理店があるのでタイ語や英語ができなくても大丈夫です。ヤンヒー総合病院には通訳がいるらしいのでその点も安心です。タイ人は日本人と気質が似ていてシャイで優しく穏やかなので、リラックスして滞在できたと経験者のレポブログにありました。タイでのエラ骨削りを決めたのはそもそも料金が日本の三分の一ほどで済むからです。例えばエラ骨削りなんて 2泊入院 2週間滞在でたった474,000円。日本でやれば手術だけで160万ほどします。これ滞在費も込みの値段らしく、リピート割引もあるので頬骨縮小や顎削りものちのちやりたいと考えています。 2週間あれば大きな腫れは引くしタイ旅行といって出かけてダウンタイムをタイで過ごしてきれいになって日本に帰れます。まだ少し腫れが残っていてもバケーションで食べ過ぎたっていえばごまかせるし。ヤンヒー総合病院でのエラ骨削りのBefore&After写真も魅力的なんですよね。えらの出ている部分をバランスよく削って形をナチュラルにしてくれるんです。韓国でやるより日本人好みに近いと思います。下顎骨形成術(エラ骨削り)は全身麻酔でおこないます。施術時間は約3時間。抜糸は8日後です。通院はタイの滞在期間に数回。術後の腫れは2週間ほどはかなり目立ちます

タイのヤンヒー総合病院でエラ骨削りと頬骨形成術(ほほ削り)をやりたいです。頬の骨が前と横にせり出しているので、頬骨縮小も必須です。エラ骨削りは口の中から、頬骨縮小はもみあげの生え際からの手術で骨を削ります。失敗するとあまり変化がなかったり、痺れがとれないなどの後遺症がおこるリスクもあります。また骨を削りすぎるともろくなってしまう恐れもあります。エラや頬の出ている骨をバランスよく削り、顔を細く小顔にみせます。ヤンヒー総合病院はタイでも選りすぐりの名医がそろっているらしいので他院による輪郭形成失敗の修正や再手術もできるそうです。日本からはジャパンツアーや代理店を通して格安の費用で申し込むことができます

※上記「エラ骨削り ヤンヒー総合病院」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •