•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


I型鼻プロテーゼ

鼻を高くしたいときに手軽で人気のI型鼻プロテーゼですが、この施術も気を付けなれば失敗に遭います。失敗被害に遭わないようにどういったトラブルがあるのか知っておきましょう。
代表的な失敗トラブルは以下のものです。
1・I型鼻プロテーゼが入っているところの皮膚が薄くなってきた
2・I型鼻プロテーゼが飛び出す
3・I型鼻プロテーゼがずれて入っている
ちなみに、2chなどでよく見かける「ブラックライトで光る」ということは今のインプラントではありません。それでは一つずつ見ていきましょう。
まず1についてです。これは長年プロテーゼが入っていたかたに多く見られる現象です。「皮膚が薄くなってきてテカテカしてきた」という表現をされるかたもいます。こういった症状はたいていが”大きいインプラントが入っている”ということです。これを解消するには一回り小さいインプラントに入れ替えてあげると症状が落ち着きます。ただし、入れ替える前に皮膚への負担が大きいと判断された場合は、少し落ち着いてからでないと修正手術ができないこともあります。
2について、これもインプラントが大きすぎることが原因です。2chのみならず医療相談サイトでもこの相談は掲載されてるのでご存じのかたもいるでしょう。ですが実際に飛び出すのはL型プロテーゼのほうが確率が高いですし、今はクリニックでも既存のインプラントを元に、削ったり切ったりして形を変えたものを入れています。なので昔ほどこのトラブルは少なくなりました。高さを出したいが故に、大きいインプラントを希望されるかたはお気を付けください。
3については、医師の腕が大きく関わってきます。剥離の位置を間違えたり、インプラントの形を間違えた者を入れてしまうと中心からずれたり、年月が経つと位置が変わってきたりします。
いずれのトラブルも医師の技量や知識が豊富であれば避けることのできる事例です

みなさんはI型鼻プロテーゼの欠点を知っているでしょうか?プロテーゼと言えば、ヒアルロン酸やレディエッセのような吸収される薬剤と違い、いちど挿入してしまえばトラブルが起きない限りずっと理想の鼻をキープできるものですよね。どんな施術にも言えることですが、良いことだけでなく悪いこともしっかり把握しておき満足できる施術結果を迎えましょう。まず考えられれるのが、年月が経つと違和感が出てくることです。これはメンタル的なものもありますが、目に見えてI型鼻プロテーゼに異変が起きます。何となく皮膚がテカってきたり、入っている形に皮膚が段差になります。こうなってしまったらいっそ抜去してしまうか、厚さを薄くした物に入れ替えることをお勧めします。次の欠点は局所麻酔が痛いことが挙げられます。鼻の皮膚は他の部位と違い厚さがあります。そこに麻酔針を刺すのですが、スッと刺さるよりプチッと刺さるイメージです。クリニックでも細い麻酔針を用いるなど工夫しているようですが、少し覚悟しておいたほうがいいかもしれませんね。他にも欠点はありますが、I型鼻プロテーゼの欠点というより、自分に合っていないサイズを入れたことでこの施術が欠点となってしまうパターンが多いです。プロテーゼの大きさはお医者さんとよく話し合って決めましょう
△2chのテーマから逸脱 m(_ _)m

2週間前にI型鼻プロテーゼの手術をしましたが今もズキズキ痛みが続いています。鼻も赤くなっていて腫れも引きそうにありません。これは執刀医に相談したほうがいいでしょうか?2chとかで「相談しても相手にされなそう」と言われて連絡しようか迷ってます。
…このような相談投稿をみたことがありますけど、これ、悩んでる暇があったらさっさと執刀医に診てもらうべきです!2週間もあれば痛みや赤みはそれなりに落ち着いてくるものです。もしかしたら炎症など起こしているかもしれません。I型鼻プロテーゼはあくまでも異物です。患者さんの体質によっては合わない場合もありますし、術中、術後の経過でよくないことがあったのかもしれません。2chなどの信憑性の低いコメントを気にしている暇があったら早急に診てもらってください。もし執刀医に診てもらえない場合はお近くの形成外科などに行きましょう。炎症や感染は放っておくと皮膚が壊死することもあります

※上記「I型鼻プロテーゼを入れた結果」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •