•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


顎骨削り 高須クリニック

高須クリニック顎骨削りのQ&A
Q.
顎骨削り後のたるみ取りに関してなのですが、余分な皮膚を切り取る際に切開する具体的な箇所はどこか説明してください。
あと手術中はひとまず経過をみるということでたるみ取りは行わず、術後にたるみが気になった場合何か改善策はありますか?
A.
高須クリニックでは顎下、下顎骨直下、顎と頚部の境目で正面からは見えない場所を切開します。
手術直後は腫れのせいでたるんでいるかどうかがまだ不明であるため、顎骨削り後3ヶ月くらい経過したのち必要があればたるみ除去を検討します。
Q.
仮に頬骨の手術はせず顎骨削りだけやった場合顔のトータルバランスが崩れることはありませんか?
頬骨を手術すると術後法令線が深くなると聞き、それなら骨切りや骨削りはやらず脂肪注入やプロテーゼ挿入で頬骨の突出をなくすことも視野に入れていますが、この方法ではバランスが悪くなるんでしょうか?
A.
顎骨削り・顎骨切りだけでは顔の下半分のラインのバランスが崩れたりしないと思います。
あなたが長い顎を何とか修正したいと願うのであれば高須クリニックの下顎骨削り・骨切りを受けることをオススメします。
そのうえで突き出た頬骨を小さくしてなだらかな輪郭したいならば頬骨切りを検討するのがよいでしょう。
確かに頬骨削りで頬肉が下垂し法令線がくっきり深くなることもあるのですが、実際のところ術後経過を見てもその可能性はほとんど無いといってよいでしょう。
頬が垂れて法令線が気になるようであれば、腫れがほとんど引くのを待ってから側面フェイスリフトでたるみを解消すると効率的です

-高須クリニックの顎骨削りのQ&A
Q.
執刀する担当医の方と手術当日最終的なカウンセリングは行われますか?
A・
高須クリニックでは術前のカウンセリングとは別に手術日に最終的な打ち合わせと確認がなされます。
Q.
前に突き出した顎のせいで横からみた顔が冗談なしに三日月のようで、この横顔は私にとってものすごいコンプレックスです。
顎骨削りの手術は、重要な顔面神経を傷つけてしまうおそれがあるらしく正直かなり怖いんですが、そんなにリスクを負ってまで手術しなければならないんでしょうか?
A.
オトガイ神経と呼ばれる三叉神経の末梢(ようは感覚神経)が走っており、これを傷つければ麻痺やしびれが残ることもありますが、注意深く施術すればそれほど危険なわけではありません。
高須クリニックは顎骨削りを月に平均3名ほど行いますが、これを損傷ないし切断した失敗事例はただの一度もありません。
手術中はオトガイ神経を常に視認し、かつ神経保護器で右神経を覆いプロテクトするので、術後一時的な感覚鈍麻はあってもが2〜3ヶ月の時間経過で解消します

-高須クリニックの顎骨削りのQ&A
Q.
顎が横に広く張り出しておりそれを削る場合、オトガイ神経から5mm以内の範囲は顎削りができないのと他の美容外科で受けたカウンセリングで説明されました。
神経のギリギリを削るとなるとどんなケースであっても最低5mmは残さなければならないのでしょうか?
A.
まずエラに関してですが、下顎の神経が走行する所は下顎動脈も通っています。ですがかなり上の場所なので思い切ってエラを切っても安全な領域です。
高須クリニックでは年間30例もエラ削りの手術を行っていますが、多い人で15mmの厚さで削っても問題はありません。
顎の場合でもオトガイ神経は個人差がありますが下端より10mm以上離れていますから大きく顎骨削りを行う事も可能です。
ですが切り過ぎることによって顎の下に術後たるみが生じるリスクも考慮せねばなりません。
次に下顎先端部分に関してですが、ここはオトガイ神経の位置まで顎骨削りできます。
ただすれすれではやはり危険が伴いますから、若干の余裕を持ったうえで骨切りデザインを行います。結果的におよそ5〜15mm程度の範囲で骨切除可能です。
もちろん単に顎を短くすることだけにとどまらず、美しい形状の顎になるようデザインします。
高須クリニックでは術前3DCT検査を行うことで患者の下顎骨の状態を徹底的に把握しておきます。そうすることで顎骨削りのデザインをあらかじめ予想する事が可能となるのです。
高須クリニックのカウンセリングにおいでくだされば詳しくご説明いたします

※上記「顎骨削り 高須クリニック」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •