•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


顎骨削り リッツ美容外科

リッツ美容外科が行うエラ削り・顎骨削りは、下顎角(エラ)が外側に張り出している方や角ばった顎にお悩みの方に適応する手術です。
・小顔に憧れる方やフェイスラインをすっきりシャープにしたい人にもお勧めです。
・エラ削りにはいくつか種類があり、例えば外板削り、角部全層骨切りなどが挙げられます。リッツ美容外科のカウンセリングで患者さんの下顔面形状を診断・分析したうえで最適な治療法を提供します。
・下顎骨削り・骨切りは下顎からエラにかけてのラインを改善する手術であり、正面からみた輪郭、横から見た輪郭のそれぞれで異なる改善方法があります。
・正面から見た輪郭を改善したい人なら下顎骨外板切除術が、側面から見た輪郭を改善したいなら角部曲線全層骨切り術がそれぞれ適応施術になります(なおこれらの術式を組み合わせることもあります)。
・患者の要望次第で術式は異なりますが、リッツ美容外科の診察を元に最適な治療法を選択します

・下顎骨外板切除術は全身麻酔で口腔内からアプローチします。
・骨膜下を剥離して下顎骨を露出させ咬筋を剥離し、予定していた切除ラインに沿って顎骨削りを行って下顎骨縁の不整を整えています。
・横顔のラインを改善したい人には角部曲線全層骨切りを引き続き行います。
・角部曲線全層骨切りも全身麻酔を行った後口腔内から術野を展開しアプローチします。
・下顎角部よりオトガイ部まで骨膜下の剥離をすすめていき、オトガイ周辺の軟部組織を温存しつつ、顔面神経・動静脈に注意を払いつつしオトガイ部から下顎下縁に沿うかたちで下顎骨削りを行っていきます。
・その際不自然な段差が生じないよう丁寧かつ慎重に操作を行うことが重要です。
・所要時間は約3時間で洗顔・メイク・シャワーは手術翌日から可能となります
・術後2週間は腫脹が続きます。口腔内抜糸は術後1週間から2週間に行います。
・診察のためリッツ美容外科に来院するのは術後翌日、7日後、1ヶ月後、3ヶ月後、半年後となります。
・術後に起こりうる合併症として、腫れ、痛み、左右非対称、輪郭の不整等があります。
・施術費用・リッツ美容外科モニター価格
・エラ削り・・\750,000~\1,200,000
・顎骨削り・・\650,000~\1,000,000
・上下顎骨削り・・\1,250,000~\1,700,000
・全身麻酔・・\100,000~\150,000
・検査 ・造形モデル・・\100,000
・シュミレーション・・\15,000
※ホテル予約を代行いたします。手術内容によりますが遠方の方は交通費を半額支給いたします

-顎骨削り
・運営側は骨の写真をアップすることを禁止行為とみなしている可能性があります。
・22日の写真と23日の写真いずれかそれとも両方が削除されるかによって基準がわかってくると思うので、ひとまず今日は約束した顎骨削りの骨の写真UPします。
・顎骨削りと聞くと骨をゴリゴリ削ることを思い浮かべる方も多いようですが、実際は写真からもわかるように削るというより切り落とす場合がほとんどです。
・骨を切り落とす方法の他に中抜きする方法もあり、いずれの術式が優れているかは論争があるものの、最終的な仕上がりはさほど変らないようです。
・どちらの方法であっても切り落とした骨の微調整が美しく仕上げるポイントになります。
・リッツ美容外科における輪郭顔面骨手術は美容外科の一般的なメニューとなっており、毎日のように顎骨削りやエラ削りが行われており美容外科の骨削りに関しては実質日本一のクリニックといってもよいでしょう。
・日本中から輪郭形成を希望する患者が集まり連日手術が行われる知る人ぞ知る美容外科です。
・顎骨削りは完全に輪郭が完成するまでは約6ヶ月かかる手術です。
・腫れやむくみのせいでやや大きくゴツゴツとした輪郭になるものの、半年後には必ずシャープで綺麗な小顔に仕上がります

※上記「顎骨削り リッツ美容外科」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •