•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


顎骨削り 新宿ラクル美容外科クリニック

■顎の輪郭形成手術全般
【奥に後退した顎】
・顎が後退している、つまり奥に引っ込んだ顎では横顔のEラインが綺麗にならず口が突き出て見えがちです。
・この状態を改善する場合、大抵はシリコン製のプロテーゼを使用します。
・しかし異物を顔に入れるのを嫌がる人も多いため、顎骨削り(水平骨切りや前方引き出し)も新宿ラクル美容外科クリニックでは行っています。
・顔を横から見たとき顎・くちびる・鼻先を結んだラインのことをエステティックライン、通称Eラインと呼びます。
・日本人ならEラインが真っ直ぐな線となるのが理想的なのですが、若干口が出たとしてもバランスは崩れなかったりします。
【大きすぎる顎】
・最近は下顎骨の発育が良すぎて逆に顎が大きく見える人が増えつつあります。
・俗に言うしゃくれ顎がこのタイプです。
・骨格にしゃくれの原因があるわけですから治すには顎骨削りを行わなければならず、治療にあたっては全身麻酔下で口の粘膜を切開して骨膜剥離を行い、骨膜下で骨削りをしたり骨切りをやったりします。
・なおひと昔前の顎骨削りは局所麻酔下で二重顎ラインから皮膚を切り顎先の骨だけ削るといったシンプルな手法でした

■新宿ラクル美容外科クリニックの下顎骨削り・骨切り
・顎の骨を小さくするには骨を削るわけですが、単に削るだけだとオトガイ筋群の付着が骨からとれてしまうため、顎がたるんで二重顎が目立ちやすくなってしまいます。
・そのため最後切開部を縫合する際にはオトガイ筋群の付着箇所も一緒に引っ張ってきて固定しなければなりません。
・あるいはオトガイ先端部の骨を残し中間の骨片を中抜きした後接合することによりオトガイ筋群の術後のたるみを最小限に抑えることができます。
・また中抜き法なら顎を小さく短くすると共に、顎が前に出るよう先端の骨片を前にずらしたうえで固定することも可能です。
・末端の骨片の固定にはワイヤーを使用し、新宿ラクル美容外科クリニックではプレートは特に使用しません。
・チタンプレートで固定するクリニックもありますがワイヤーで十分骨の癒合はなされます。
・ちなみに中抜きで末梢の骨片を固定させたワイヤーは1年経過すれば除去することもできます。
・ワイヤーが入ったままでも支障は無いのですが、レントゲンに映りこむのでそれが気になるなら除去するとよいでしょう。
・顎骨削り、顎中抜きどちらを行うにしても、エラに向かって下顎骨の側方を削らなければならないです。
・こうしなければ美しくなめらかなフェイスラインに仕上がりません。
・顎骨削りは全身麻酔で行われるのが通常です。
・骨切り箇所からは骨髄性出血がしばらくの間続くため、新宿ラクル美容外科クリニックでは血を排出するドレーンを入れるとともに一泊入院していただきます。
・そうすることで翌朝バンテージを一瞬外した時顎の腫れはそれほどでもなく、完成形に近いフェイスラインを確認することができます

■顎骨削りの弊害
【オトガイ神経】
・顎の骨切り&骨削り手術の弊害としてまず考えられるのはオトガイ神経の損傷でしょう。
・劇的な変化をもたらそうとオトガイ神経ギリギリまで骨を削ったときに起きるものです。
・もっとも下顎骨削りの手術で美しいフェイスラインに仕上げるため側方まで骨削りを行った場合、神経を損傷はしなくとも手術中にある程度引っ張られることで、一時的な感覚の鈍麻はよくあることだと思ってください。
・オトガイ神経は完全切断されない限り修復する丈夫な神経ですから一時的な麻痺は時間が経てば必ず回復に向かいます。
・とある大学病院では、手術中に邪魔なオトガイ神経をメスで完全に切断し、顎骨削りが終わってから丁寧に縫合するというやや乱暴な方法を行うと聞いたことがあります。
・それでも感覚は2年ほど経過すれば完全に回復するらしいので、オトガイ神経は切断した状態を放置しなければひとまず重篤な後遺症の危険はないと新宿ラクル美容外科クリニックは考えております。
【術中出血】
・顎骨削りでは骨を削る以上骨髄性出血は不可避ですが、下顎骨の側面を削る際、付近の顔面動脈を損傷していまうと相当量の出血があります。
・骨膜下で確実に剥離し慎重に骨を削っていく操作が要求されます。
【顎の中心線のズレ】
・要は顔の左右差で、例をあげると左の発育が良ければ相対的に顎先が右寄りになります。
・水平骨切りや前方移動の時にそれが特に目立ちます。
・新宿ラクル美容外科クリニックが行う手術では顔面中心線と顎先の中心その両方のバランスを考慮し審美的にベストな位置に骨移動させます

■顎中抜きVS顎骨削り
・もしも「顎先を尖らせて下さい」との希望があるとすれば、中抜き法の選択肢は除外されます。
・「小さい顎にしたい」「顎を可愛くしたい」という要望の場合、顎先を尖らせたいというのもあり、中抜きして顎骨先端を接合してももともとの顎先が平坦であることが多いためあまり尖らせることができません。
・オトガイ筋群の顎骨付着部の固定に関しては、顎骨削りであっても定位置に筋肉・骨膜を戻したうえで骨にくっつければよいのであり、中抜きと比べても軟部組織のたるみや二重顎が余計に目立ってしまうようなことはまずありません

※上記「顎骨削り 新宿ラクル美容外科クリニック」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •