•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ骨切り 失敗

エラ骨切り手術の方針
-正面顔の横幅減少
・正面顔の横幅を減少させる手術として適しているのは、下顎角部の骨切り(エラ骨切り)というよりも、むしろ下顎体部を中心として下顎骨の厚さを減少させる外板切除術であると考えられます。
・正面顔の横幅を決めるもうひとつの重要な要素が咬筋です。
・咬筋が発達した人は横幅が広いごつい顔になります。
・咬筋の切除は症例によって外板切除を超える劇的な改善効果があります。
ただし切除範囲や切除量などを適正にはかるには医師に高度なテクニックと経験が必要となる手術です。
ー横顔で下顎角改善手術
・横顔においては、エラの位置や下方向・後方への張り出し具合により骨切りラインを決定します。
・横顔の骨切りのデザインを決める際は、セファロや3DCTが重要なデータとなります。
・皮膚の表面で耳垂基部~下顎角部までの距離を計り、エラ骨切りデザインの縦幅を決定します
・エラ骨切りを行う際に切除のしすぎは失敗に直結するため注意が必要です。
・例えば下顎枝の上方向に骨片を切除しすぎた場合、下顎角が無くなってしまい非常に不自然でおかしな形状になってしまうので明らかに失敗です。
・下顎角すなわちエラは存在していなくてはならない部位であり、目立たなくすることはあっても、無くしてしまうことはエラ骨切りの目的ではありません。
・顎先とエラの垂直方向における関係性やオトガイの形態も検討したうえで、前方への骨切り範囲を決定します。
・下顎角に限定した骨切りは通常ほとんど行わず、ほぼ全てのエラ骨切り症例でオトガイ結節付近まで骨切りを行っていきます。
・その理由は骨切り後前方にできる段差を残さないようにするためであり、加えて前方のオトガイ近辺で骨切りを行えば正面顔が逆三角型のシルエットとなり横幅の減少効果が現れるからです。
・以上の点から患者の希望を考慮すると、「エラ骨切り」は下顎ラインの形成術(下顎角はもちろんオトガイ部から下顎体部も含む)と捉えるべきです

■実際に行われているエラ骨切り手術
・手術計画を立てるにあたっては失敗を避けるために徹底的にデータ分析を行います。
・画像診断のため頭部X線写真(セファロ)やオルソパントモグラムが必須であり、さらに3DCTを行えばより正確な情報が手に入ります。
・これらの情報をもとにおおまかな治療方針を決定します。
・以下正面顔および横顔を改善させるエラ骨切りの術式をそれぞれ説明していきます。
-正面顔を改善するエラ骨切り・・下顎骨外板切除
・ほとんどの方の正面顔をほっそりした卵型の輪郭に改善するため、下顎体部・下顎枝・下顎角部に至るまで広範囲に外板切除術を行います。
・手術は口内から行なわれ、片方約3~4cmの粘膜切開ののち骨膜下剥離により下顎骨を露出させますが、角部では下縁と後縁に強固に付着する咬筋および内側翼突筋をしっかり剥離しておきます。
・続いて外板切除を予定している部位のデザインですが、上方は咬合平面より少し上方から、前下方は下顎枝前縁において斜線に沿いオトガイ孔の下方に到達します。
・ラウンドバーを使用して切除ラインに沿い海綿骨が露出するギリギリの深さまで骨を削ります。
・その後サジタルソーを使用して、手前から奥に向かい外板裏面にソーを接触させつつ骨切りを進め外板を分離します。
・最後にラウンドバーを再び用いて辺縁の段差を整えるのですが、前下方のオトガイ神経周辺は決して失敗することのないよう入念にトリミングを行なっていきます

・正面顔を改善させるには外板切除に加え、次に挙げる手術を併用するケースがよくあります。
①:咬筋切除術
・正面顔の改善にエラ骨切りと併用してよく行われるのが咬筋切除で、場合によっては外板切除を超える改善効果があります。
・手術は電気メスで筋肉を凝固させ焼き切ることでして切除します。
・咬筋の厚さを手術前に把握し、深部だけを切除して咬筋を薄くしますが、人によって適応が異なるため慎重に適応を見極めなければなりません。
②:バッカルファットの切除
・バッカルファットは頬脂肪体と呼ばれ、咬筋前方に位置し、口の横が膨らんでいる人は・これを切除するで小顔効果が得られます。
・咬筋切除術と同じくこの施術もエラ骨切りと併せてよく行われます
△失敗のテーマから逸脱 m(_ _)m

-横顔を改善するエラ骨切り=曲線的な下顎角部の全層骨切り
・横顔のエラ張りの改善を目的とする場合、角部から下顎下縁の広範囲で全層骨切りを行なっていきます。
・特殊なドリルを使用し、予定した骨切りライン上で骨面に対し直角に穴を開けます。
間隔はできるだけ狭くして穴を開けていきます。
・ドリルはとても角度調節がやりやすいため、予定通りに骨孔を開けることが可能です。
・もっともエラの奥まで見えないことがよくあり、その場合は内視鏡を使って操作します。・密に並んだ骨孔が骨切りラインの役割を果たし、そのあとオステオトームで滑らかなカーブの骨片を摘出出来ます。
・ほぼ意図した横幅・高さの骨片を切除可能であるのがこの手法の特色です。
・実際には多くの方々がいろいろな方向から見た輪郭を気にしているため、上で述べた2種類の手術を併行して実施することがほとんどです
△失敗のテーマから逸脱 m(_ _)m

※上記「エラ骨切り 失敗」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •