•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ骨切り 料金

エラ骨切りに関するQ&A
Q:輪郭の手術(エラ骨切り)をしたいと思っているのですが、どういった基準(口コミ・評判・症例数・手術料金等)でクリニック選びをやればいいでしょうか?
A:エラ骨切りを含む輪郭形成手術は高度な技術と専門知識が必要なため、まずは学会に所属するクリニックを選ぶことを推奨します。当クリニックの医師は形成外科において顔面の骨折の修復を数多く手がけてきました。顔面骨格の改善手術では日本有数の症例数を誇り、顔面骨の取り扱いにかけての専門性は他の追随を許さない自信があります。
Q:エラ骨切りを受けたいのですが傷跡が心配です。どこを切開して手術するんでしょうか?
A:当院のエラ骨切りは口の中を切開し行うので、外から見える皮膚には一切傷をつけません。左右歯茎の根元を5cmずつ切開して行うのが通常ですが、オトガイが幅広い方や四角い角ばった輪郭の方は中央で両切開箇所を繋げる場合もあります。なお口腔内粘膜を切開する際は、粘膜下の重要なオトガイ神経を損傷ないよう丁寧に切開していきます。
Q:俗に言うホームベース型の顔がコンプレックスです。小顔にしてなおかつ卵型のラインにしたいんですが、手術方法はどうなりますか?
A:当院は外板切除術と呼ばれる正面顔を改善させる手術を行って確実に小顔に仕上げます。咬筋の前縁部を中心として角部~顎にかけての広範囲骨切りをやっていきます。横顔についても曲線的エラ骨切り術で、なめらかなカーブを形成します。これら2つの手術を併用することで、どの方向から見ても卵型の小顔にすることができます

-エラ骨切りに関するQ&A
Q:エラ骨切りで皮膚がたるむことはありませんか?
A:皮膚や筋肉には伸縮性があり、細く小さくなった骨格に徐々に吸い付いて縮小していくため、それほどたるみの心配はしなくても大丈夫です。ただしある程度年配の方は皮膚や筋肉の弾力性に劣るためたるむ可能性がそれがけ高くなります。その場合の対策としては皮膚と筋膜を引っ張り上げるフェイスリフトを行いたるみを解消させます。フェイスリフトはエラ骨切りと同時に行うことも出来ますし、術後数ヶ月でも行うことができます。もっともフェイスリフトは別料金となることはご了承ください。
Q:エラ削りの手術を受けると、どの位輪郭は小さくなりますか?
A:当院でエラ骨切りを検討する方のほとんどが、横顔の変化より正面から見たときの変化を希望します。言い換えればほとんどの方が下顔1/3の横幅を縮小することで小顔になることを臨んでいることがわかります。したがって当院では正面顔のエラ張りを改善させる効果の大きい外板切除術を行うことで、個人差があるものの両側で1~2cm小さくなったフェイスラインを実現させます。
Q:他院でエラ骨切りを受けましたが、正面から見た顔が全然代わり映えしません。他院修正手術はできますか?
A:おそらく横顔のエラ張りは改善しているのに正面顔のエラ張りがほとんど改善していないのではないかと推測します。当院は横顔の改善だけでなく、正面顔の改善についても外板切除手術を行って大幅なサイズダウンを可能にします。他院修正手術ももちろん行っていますから、料金含め一度カウンセリングでご相談下さい。前に受けたエラ骨削りを検証してあなたに最適な手術法を提供します

-エラ骨切りに関するQ&A
Q:他院でエラ骨切りをやったせいか、顎がかえって大きく見えるようになりました。修正したいです。
A:エラだけを改善した場合、輪郭のバランスが崩れて頬骨の突出や顎幅がかえって強調されてしまうことが稀にあります。顎の幅が広いと感じる理由としては、顔面の下1/3の最大横幅が縮小したことで相対的に広く見えたり、エラ骨切りの時に前方での骨切りをオトガイ結節の寸前でやめてしまうとオトガイ結節が広がったように見えることがあるためです。当院でエラ骨切りを行う際には、頬骨やオトガイとのバランスを考慮しますので、まずはご相談下さい。
Q:エラ骨切り後、骨が脆くなったりすることがありますか?
A:そもそも張り出した骨を切ってバランスのとれたフェイスラインにする手術ですから、骨が脆くなったり将来に骨折し易くなることなどありません
△料金のテーマから逸脱 m(_ _)m

-エラ骨切りに関するQ&A
Q:顎関節症なのですがエラ骨切りを受けることはできますか?
A:顎関節症の方であっても手術は可能です。エラ骨切りは噛み合わせには全く影響を及ぼさないので、顎関節への負担は考慮しなくても問題ありません。
Q:麻酔の種類と入院の要否はどうでしょうか?
A:当院の顔面骨切り術はすべて全身麻酔で行います。最先端の麻酔を使用するため負担が少なくてすみ、基本入院の必要はありません。なお当院では全身麻酔に限らず全身体調管理が必要な場合は、麻酔専門医が必ず立会いますから安心できます。
Q:痛みがあるか、あったとしてどの程度か知りたいです。
A:全身麻酔で行われる手術ですので痛みを感じる間もなく終了します。個人差によりますが骨の手術は痛みが思ったより少なく、処方する鎮痛剤(手術料金に含まれます)で十分抑えることが可能なレヴェルです

※上記「エラ骨切り 料金」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •