•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


城本クリニックでの鼻尖形成(鼻尖縮小)体験ブログ

鼻尖形成術(鼻尖縮小術)とは鼻先をツンと高く細くさせる施術です。多くの場合人工軟骨を使用するか、耳介軟骨・鼻中隔軟骨などの自家組織を移植して鼻先を高くします。これにより鼻の丸みが気になる方でも目立ちにくくなります。城本クリニックでは鼻尖形成術(鼻尖縮小術)に別の方法を用いることもあります。鼻翼軟骨と呼ばれる鼻の中の軟骨を縫い合わせて寄せ尖った鼻先をつくったり、鼻の余分な脂肪を取ることで鼻先を細くするみせることもできます。例えばにんにく鼻で鼻筋がわかりにくい形という患者さんには、隆鼻術と同時に鼻尖形成(鼻尖縮小)もして、鼻先を細くすることも出来ます。鼻の高さはいまのままでいいという患者さんには、鼻翼軟骨のみ処理する方法を選択します

学生時代に他院で隆鼻術(鼻プロテーゼ)を受けたことがあります。そのときはまさに鼻筋に数ミリのプロテーゼいれました!って感じの鼻の形になてしまい、隆鼻術受けたのがバレバレでこんな鼻では学校い行けないと、夏休みが終わる前にすぐに抜去手術を受けてもとに戻してしまいました。しかし、どうしても鼻が低く短いブタ鼻がコンプレックスで城本クリニックで鼻プロテーゼによる隆鼻術と鼻尖形成(鼻尖縮小)を受けようか悩んでいます。前回の整形の時は自分でも失敗と分かり、鼻プロテ除去まで本当につらく悩みました。鏡を見ながら自殺まで考えたほどです。なのにまた整形したいなんてバカかと思われそうですが、私のルックスは本当にひどくそれはそれでかなり深く悩んでいます。つらかいこの状況を脱するだめに城本クリニックの名医をおしえてください。鼻尖形成(鼻尖縮小)が上手いのは清水靖夫先生、河之口大輔先生、中島義明先生の中ではどのドクターがおすすめでしょうか?

小鼻縮小術(フラップ法)に失敗して鼻の穴から傷口がかなり目立ちます。修正にいこうと問い合わせるとその医院はもう閉院しているといわれました。失敗した場合無料修正が受けられるという保証に入っていたのですが(オプションで別料金)費用の返済もなくトンズラしたクリニック側に腹が立ちます。消費者センターには私と同じような目にあった美容整形患者からの問い合わせがとても多いそうです。改めていかがわしい医院の多い業界だと思いました。城本クリニックなどの大手であればこんなことはないのでやはりはじめから大手で手術すべきでした。鼻尖形成(鼻尖縮小)は絶対大手でやりたいです。城本クリニックの田中真輔医師、大塚美容形成外科の阪田和明医師、ガーデンクリニックの丸山直樹医師の中で一番鼻尖形成(鼻尖縮小)が上手い先生を教えてください。名医であれば他のクリニックのドクターでもかまいません。今度は失敗したくないのでカウンセリングは全部うけたいです。条件は先生がこちらが納得するまできちんと説明してくれカウンセリングに時間をとってくれるところ。先生が誠実なところ。アフターケアの充実しているところです。鼻尖形成(鼻尖縮小)体験談ブログもいくつかみましたが、ダウンタイムは鼻ギブスが目立ち2週間は腫れているので整形とばれる可能性がありますね。鼻筋と鼻先もスッさせたいのですが鼻はばりにこだわるのではなくて、鼻と目のバランスも大切だと思います。そのあたりわかってくれるセンスのいい先生がいいですね

城本クリニックで鼻尖形成(鼻尖縮小)をして4か月経ちました。まるい団子鼻はすごく自然な感じで鼻筋の通った形になりとても満足でしています。家族にさえ整形したっ気づかれないくらい自然です。毎日のメイクが楽しいし、顔の中心が涼しくなって顔全体がきれいになった気がしています

※上記「城本クリニックでの鼻尖形成(鼻尖縮小)体験ブログ」は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •