•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ骨切り 十仁美容整形

・顔の輪郭は容貌の印象を決定づけるベースになります。
・絵を飾る額縁みたいなもので、フレームを変えれば同じ絵であっても雰囲気が異なって見え違った変化がもたらされます。
・輪郭は動きが無いパーツであるため顔の表情にはほとんど関係ありません。したがって目や口みたく感情表現に関係するというよりは、男っぽい、女らしい、大人びた、優しげな、厳つい・・などという印象に関わってくるパーツです。
・そのため例えば本当は女性らしく優しいのに厳つい輪郭のせいで顔なのでいつも敬遠されてしまうといった悩みを解決するには、エラ骨切りが有効かもしれません。
・治療方針を決定するにあたっては、的確な診断が最も大事です。
十仁美容整形は患者一人一人に対して4段階による評価を行ったのち、審美面・機能面の両方から最適な治療方法を提案します。
・もっとも最終的に治療方法を決定するのはあくまでエラ骨切りを受ける患者自身です。
・治療に要する期間、どれくらい改善したいか、手術費など諸々考慮したうえで、どういった治療を希望するかを相談してください。
・エラ骨切りはもちろん、全ての美容整形で最高のリターンを手に入れられるように、十仁美容整形がお手伝い致します

・まずは電話で十仁美容整形に予約を取ってください。カウンセリングに加えてレントゲン撮影を実施します。
・収集した検査データをもとに専門ドクターが解析を行って、ベストな治療方針を計画します。
・ベストだと思われるエラ骨切りの治療法含め、何種類かのプランを提案します。
・診断に用いる写真・セファロ・レントゲン・パントモグラムといったデータを集めます。
・症状に応じてセファログラムを解析して患者の顔面の形状やバランスを分析します。
・CGによる顔面のシミュレーションを行ったのち仕上がりバランスを確認します。
・各種解析結果を参考にして、最終的な治療計画を立て方針を決定していきます。
・輪郭は個人差が非常に大きい部位であり、その人の輪郭の形状によって手術方法も異なり、患者の希望によっても異なってきます。
・症状及びどの程度改善を希望するか、どのくらい治療期間に余裕があるかによって治療法を選択します

・男性と女性でエラの張り出し具合は異なり、角部から顎にかけての輪郭には人により個差があるため、十仁美容整形はその点を考慮しながらエラ骨切りを進めていきます。
・下顎角部が無くならないように注意しながら、角部の骨削りを行います。
・特に下顎体部からオトガイ部にかけての下顎下縁ラインの切除と削りをしっかりと行う必要が出てきます。
・下顎角部の切除はあまりやらない方がよいケースもあります。その場合は体部の削り、外板切除等の横幅調整メインに行います。
・エラ骨切りと併せてオトガイ水平骨切りによるオトガイ移動も行う方がより効果的である場合があります

※上記「エラ骨切り 十仁美容整形」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •