•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


眉下切開法

たるみが酷くて昔より二重のラインが狭くなってしまいました。アイラインも上手く描くことができなくなり、お化粧の時間が憂鬱です。たるんだ皮膚は睫毛にも被さっているので睫毛が短く見えることも悩みです。眉下切開法でスッキリさせようと思ってます。手術費用や交通の便から銀座みゆき通りか銀座CUVOを考えてますがこちらの評判はいかがでしょうか?口コミサイトや2chを検索しても評判があまり出てこないので不安になりました

眉毛の下のラインに沿って切開し、弛んで邪魔になった皮膚を除去する手術を眉下切開法と言います。弛みんだ皮膚を切除する手術ですのである程度ご年齢がいかれたかたが対象です。時にはフェイスリフトと同時にこの手術をされるかたもいます。この手術は二重を作成する手術とは違いますので、ラインの位置が変更することはありません。ラインがない眉毛の下を切って上瞼を引き上げる方法で余分な皮膚を取り除きますので、ラインの位置はそのままで覆い被さっていたものがなくなるのです。眉毛の下ですのでそこまで大きな腫れもありませんし、傷も手術から数ヶ月経過すればほとんど目立ちません
△2chのテーマから逸脱 m(_ _)m

ブロガー
眉下切開法のダウンタイムです。これから受ける人は参考にされてみてください。
腫れは14日間ほど続きますが特に最初の数日間は強くでます。7日目には引いていく方向に進みます。なかなか引かない腫れや内出血の場合には感染が疑われますので、医院へ相談してください。2chや個人ブログでも腫れを放置していた結果、皮膚が壊死してしまったという書き込みもありますので楽観視は危険です。
眉下切開法もですが、手術をすると毛細血管などが傷つき皮膚の内部で出血が起こります。それが表面に現れると紫色としてでるので隠すのは困難です。内出血の期間も個人差がありますので、数日で引いてしまうかたもいれば数週間かけて引いていくかたもいます。内出血を早く取り除くには、血液を体の下のほうへ送ることですので枕を少し高めにするといいでしょう。この手術の体験者でブログを開設している方々もいます。そういった記事や2chなどにはやってみて良かったこと、悪化したことなど綴られていますので参考にするのも良いですね。ただ、実践するには執刀医の許可をとってからにして下さい

美容外科勤務
眉毛の下を切開したら医療用糸で縫合するわけですが、使用する糸はクリニックによって違います。目立たないように透明の糸を使用するところもあれば、黒い糸を使用するところもあります。黒い糸ですと目立つような気がしますが、実際は眉毛の近くなのでそこまで違和感はありません。遠目からみたら気付かれないと思います。この糸は術後1週間までには抜きます。
眉下切開法後、糸が付いている間のコンタクト装着はお控え下さい。抜糸後から可能です。メイクも患部が落ち着くまでできません。洗顔はこすらない力で患部も洗って大丈夫です。汗や皮脂が溜まるほうが傷跡の治りにも影響しますので、綺麗に洗ってください。2chなどで傷口が塗れるとしみるという噂があるようですが、しっかりと縫合されていれば痛みはありません

元美容外科カウンセラー
ダウンタイム中は目元に左右差が出ます。腫れが引いていくのは左右同じスピードではありませんから仕方のないことだと思っていてください。2週間もすれば左右差も整ってきます。麻酔液の影響でマブタに浮腫がでることがあります。麻酔液による浮腫は長くは続きません。眉下切開法の利点は、目を開こうとして眉毛を持ち上げていた行為をしなくなることですので、眉毛の位置に左右差があったかたは本来の位置に眉毛が下がってきます。長年眉毛を持ち上げる行為をされてたかたは、おでこに皺が刻まれているかもしれません。そういった場合はボトックスで皺の改善を促します
△2chのテーマから逸脱 m(_ _)m

美容外科勤務
手術後は腫れと一緒に傷の赤みも出ます。初めてみた時にはショッキングかもしれませんが、時間が経てば白っぽい一本のラインになりますのでご安心ください。
眉下切開法を一度したら永遠にそのお目元であるというわけではありません。やはり月日が経てばやがてまた皮膚に弛みは生じてきます。人によっては複数回この手術を希望されるかたもおります。
傷を早く治すためには喫煙者のかたは禁煙をされてください。手術前後に喫煙をしますと治りが遅くなるのと細菌でよからぬ後遺症を発症してしまう恐れがあります。
手術が終わるとクリニックから帰宅後の注意事項なので説明があると思います。基本的には容態が安定しているから帰宅がOKとなるのですが、お一人になられた後に不足の事態が発生することも考えられます。その時には医院へ連絡するなり、もし夜間で医院が不在の場合は救急病院へ連絡してください
△2chのテーマから逸脱 m(_ _)m

※上記「眉下切開法」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •