•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


頬骨形成 料金

頬骨形成(アーチ・リダクション法)
・東洋人に多く見られる頬骨の突出を改善し顔の横幅を小さくすることで誰もが羨む小顔になりましょう!。
・頬骨弓部の骨切りを行うことで確実に顔の横幅が縮小される頬骨形成で、料金も比較的お手頃です。
・頬骨が横方向へ張り出している原因は、頬骨弓と呼ばれる薄いアーチ状の骨が出っ張っていることによるものです。
・頬骨弓の厚さはせいぜい5mm程度しかありませんので、たとえこの骨を削っても横顔の幅の改善は限定的です。
・そこで骨削りではなく頬骨弓の骨切りで内側に動かす(内方転移)ことで大きくかつ確実に横幅の縮小させるわけです。
・いっぽう頬骨が前方向へ張り出している原因は、頬骨体部と呼ばれる部分が盛り上がっていることが原因のため、当該部分の骨削りで厚さを薄くしなめらかにします

■頬骨形成施術の流れ
-カウンセリング
・経験豊かな医師との間で入念なカウンセリングを実施します。
・患者の希望するフェイスラインを聞いて丁寧なシュミレーションを行った上で、その患者にとってベストな頬骨形成の計画をたてていきます。
・手術料金の詳細もこのとき説明されます。
-施術
・頬骨形成は全身麻酔下で行われるのが一般的です(全身麻酔代は別途料金がかかります)。
・手術に要する時間はおよそ90分から120分といったところです。
・アーチリダクション法では口腔内切開ともみあげ部分の2cm程度の皮膚切開の2方向から頬骨にアプローチしていきます。
・口中の傷の縫合は溶解糸を使うので抜糸は不要で、もみあげ部分は1週間から10日後に来院して抜糸します。
・もみあげ部分の傷跡は髪の生え際にあるため2~3ヶ月すれば目立たなくなります。
・腫れぐあいや傷口の状態のチェックのため、手術翌日、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後に来院し検診を受けることが推奨されます。
-施術後
頬骨形成後は腫れを抑制するため、内服薬や圧迫用するフェイスマスク、超音波療法といったアフターケアを行うので、腫れる時間が短くなり社会復帰が早期に可能となっています。
・腫れは残りますがマスクなどで隠すことで早くて3~4日目から仕事復帰も可能です。
・腫れが完全に消えるまでは最低でも1ヶ月はかかります。
・入院は不要で日帰りで行える手術ですが、術後3~4時間ほど休憩し麻酔から覚醒したあとで帰宅します。
・手術当日に車の運転をするのは危険なので、多少料金がかさみますが、タクシーに乗って帰宅するか、クリニック近場のホテルに宿泊するようにしましょう

-頬骨形成
・頬骨をわざと骨折させで内側に移動させることで横幅を縮小させ、ごつごつと出っ張りのある印象から柔らかい印象の顔に改善する施術です。
・この頬骨形成は以下の方に推奨されます。
・横へ張り出した頬骨を小さくしたい人
・前方から斜めにかけての頬骨の突出を無くしたい人
・男っぽい輪郭を女性らしくしたい人
・頬骨の出っ張りのせいで頬がこけ老けて見られる人
Q:頬骨が外に張り出しててそこだけ出っ張ったような形なんですが頬骨形成をやれば治せますか?
A:横に張り出した頬骨は、仮に削るとしても薄くできる量には限界があるので、骨切りをやって内部に骨を移動させることで横幅を縮めるやり方の方が効率的ですし、バランスの取れたフェイスラインになれます。
-頬骨形成の流れと治療方法
・医師とカウンセリングを行い、デザインや施術方法、手術料金の検討をします。
・患者一人一人に適した手法で施術を行います。
・施術後のダウンタイムのすごし方に関してはカウンセリング時に詳細を説明します。
・骨切りラインをシュミレートし、それにのっとって骨切りを行います。
・切り離した頬骨を内側へ動かして固定してしまえば、移動させた分だけ顔の横幅が狭区なるというわけです。
・骨切りはもみ上げ部分を数㎝切開してそこからアプローチし、口腔内を切開しそこからもアプローチします。
・その後骨切りによって台形の形の骨を切除します。
・切除した骨のスペースの分内側に移動させチタンプレートによって固定を行います

-頬の骨を綺麗に整える(頬骨形成)
・頬が高く盛り上がっている蟹みたいな顔、アンパンマンのような目立つ頬に悩んでいる人にぴったりな手術が頬骨骨削りです。
・顔の側面の頬骨(頬骨弓)が出っ張っていると骸骨のような顔に見えてしまうので、これを解消する手術として頬骨弓削りがあります。
・角ばったフェイスラインをスッキリさせたり、シャープな小顔にしたい人にお勧めする手術です。
・なおバイオペックスと呼ばれる人工骨を用いて逆に頬を高くする頬骨形成もあります。
・頬骨形成は専用の骨切り道具を用いて全身麻酔で行われるので安全です。
・最近ではさらに3DCT検査をあらかじめ手術前行うことで、頬骨形成の手術計画がスムーズにいきます。
-手術の特長
・頬骨形成における骨削りは、口腔内を小さく切開、あるいは耳の脇を小さく切開して、そこから頬骨を削る手法です。
・特殊な電動骨削り器(オシュレーター)を使用して、安全かつ確実に削骨を進ていきます。
・バイオペックスにより頬を大きくする際は、事前に3DCTで作成した頭蓋骨模型からバイオペックスを削り出し、患者の骨格に合うよう作製したインプラントを設置します
・料金はクリニックや手法ごとに異なります

※上記「頬骨形成 料金」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •