•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


頬骨削り 名医

頬骨削り概要
・頬骨が前方へ大きく突出している反面、横方向の張り出しがそれほどでもないケースでは、頬骨体突出部の骨削りだけである程度の改善効果が期待できます。
・骨を少々削るだけにとどめた場合再生する確率が高いことから、電動プレーンやオステオトームを使用してやや過剰気味に削っていきます。
・術前検査として、頭部のX線検査と3D-CT検査、心電図や各種血液検査等を実施します。
・全身麻酔又は静脈麻酔下で行います。
-頬骨削りの手術法
・上顎の口腔内粘膜を左右それぞれ5㎝ほど切開し、骨膜下を剥離し頬骨体部を露出させ、頬骨体の前方突出部をオステオトームなどを用い滑らかになるまで削ります。
・頬骨削りの際は骨再生を考慮し可能な限り大きく削るようにします。
・口内の切開創を吸収される糸で縫合し終了となります。
・手術時間は平均約1時間です(腕の良い名医ならさらに短縮されます)

-頬骨削りの術後経過
・術後最低でも3日間はフェイスバンデージを装着して強く圧迫固定し術後の腫れの予防を図ります。
・頬骨削りは 骨切りに比べ軽い鈍痛だけです。
・腫れは3、4日目がピークで、1~2週間すれば大きな腫れはおさまってきます。
・術後は食後にイソジンでうがい消毒を抜糸までの2週間こまめに行います。
・術後検診は頬骨削りの 翌日、そこから2週間後・3か月後・6か月後と定期的に行われます。
・ シャワーと入浴はそれぞれ翌日と3日後から解禁となります。
・手術操作で下眼窩神経の近くの組織を剥離するため頬の感覚がしばらく鈍くなります。
・個人差はあるものの、通常術後2週間~3か月程度で少しずつ回復に向かいます。
・術後6ヶ月経過後の検診の際頭部3D-CT検査を実施します
-手術の限界について
・最大限に頬骨削りを行いますが、ある程度は頬骨の再生や再発が予想されます。
・また頬骨削りだけでは横へ張り出した頬骨の改善は難しいことが多いです。
・元々の左右差も関係して術後に僅かな左右差を生じる場合もあります。
-頬骨削り経験談
・メリハリがない子供っぽい丸顔がコンプレックスだったので、以前他のクリニックで頬骨削りを受けたんです。
・頬骨の前方の出っ張りを削ったので、高い頬骨は確かに小さくなったのですが、頬まわりの肉が下がってしまいぼけたハイライトになってしまいました。
・おまけに悩みだった横幅の広い丸い顔のラインはちっとも変わりませんでした
・ネットでは名医がいるクリニックということで評判だったんですが、それを鵜呑みにしてしまったのが失敗でした

-名医が行う頬骨削り
・美しい輪郭を作るにあたって頬のラインは非常に重要です。
・小顔にするためにはエラと同じく頬骨の整形を欠かすことはません。
・頬骨は下顎先端と顔面の両端を結んだ三角形の頂点であるためハイライトが強調されやすいため、頬骨が普通より大きい顔立ちは横方向に広がって見えてしまいフェイスラインが崩れる原因となります。
・複雑な形状をしている頬骨ですが、整形を必要とするのは頬骨弓と呼称される部分です。頬骨弓はとても薄いため単なる骨削りだと薄い骨をもっと薄くすることとなり、削れる量に限界があるためほとんど変わらないだけでなく、削りすぎで骨が欠損して凸凹になってしまい、小顔どころかフェイスラインが崩壊してしまう危険がありました。
・名医が行う頬骨整形は、基本的な頬骨の形状を把握したうえで、頬骨弓本来のアーチ状の形態をキープしたまま不必要な頬骨の隆起を切除することが可能です。
・頬骨弓先端部と後端部の余剰部分を切除し、アーチ構造を保ちつつサイズダウンさせ美しいアーチに仕上げます。
・頬骨弓を固定する際は安全を重視してチタンプレートを使用します。
・口腔内切開およびもみあげ部の小さな皮膚切開でアプローチできるので、術後傷は殆ど目立つことはありません

※上記「頬骨削り 名医」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •