•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


頬骨 矯正

頬骨削り
・男っぽいゴツい印象から脱却し、優しさ溢れる女性らしい顔立ちに矯正します。
・具体的な施術方法や手術の流れについては、患者一人一人に適した方法で行うため、区ニックや医師によって異なります。
・頬骨の形状やサイズが原因で顔に左右差が生じている場合、頬骨削りを行なえば輪郭を左右対称に矯正できる可能性は高いです。
・一方で脂肪のつき具合で左右差が生じている場合ならば脂肪吸引が適切といえます。
・さらに頬骨以外の骨が影響しているケースもあります。
・一人一人原因が異なるのでクリニックで矯正の相談をしてみて下さい。
・丁寧かつ徹底的な診察であなたにとってベストな方法を提案してもらえます。
・頬骨矯正手術をやった後に生じる顔のたるみについてですが、手術を受ける方の年齢や皮膚状態により差異が生じてきます。
・一般的に10代、20代の方はほとんどたるまない、あるいはたるみの程度が少ないのですが、30代以上はどうしてもたるみの度合いが大きくなってしまいます。
・さらに皮膚の状態や肌質にも個人差があるため、年齢だけでは計れないことも多いのです。
・そして矯正する度合い、すなわち頬骨を削る量も術後のたるみ具合を左右することとなります

-頬骨矯正でよくある質問
Q:骨を削ったり切ったりする以外に矯正する方法はないでしょうか?
A:頬骨の突出を目立たなくさせるには骨削りや骨切りがベストですが、脂肪やヒアルロンを注入して頬をふっくらさせることにより、相対的に頬骨を目立たなくさせる方法もあります。患者さんの輪郭によっては、頬骨以外(鼻や目など)の部分を矯正することで顔バランスが改善されて頬骨が目立たなくなるケースがあります。カウンセリングでは色々な可能性を考慮して総合的なアドバイスを行います。
Q:頬骨を削って後遺症が出ることがありますか?
A:当クリニックでは頬骨削りによる後遺症の報告は今のところありません。手術直後だと一時的なしびれや知覚鈍麻が発生することもありますが、約半数の人が3~6ヶ月経てば消え、残りの方もやがて気にならない程度まで症状が緩和されます。腫れや知覚鈍麻が起こっている間は、話しにくさや咀嚼のやりにくさを感じても、やがて回復していくことがほとんどです。
Q:術後すぐに日常生活に復帰できますか?
A:手術直後だと強い腫れ、知覚麻痺がおこることが稀にあり、会話や食事が制限される可能性がでてきます。もっとも3,4週間で回復に向かい、違和感やぎこちなさは次第に改善されて気にならなくなります

-頬骨矯正手術Q&A
Q:入院は必ずしなければなりませんか?
A:頬骨矯正の手術は骨を削るため全身麻酔で行い、約3日間入院が必要となります。全身麻酔の効果が完全に無くなるまで1日前後必要です。さらに皮膚の切開や骨削りの負担を鑑みれば、やはり3日程度医師の管理下で回復に専念する必要があると考えます。各自都合があるでしょうが、余裕を持ったスケジュール管理を行いましょう。
Q:傷跡が残ることはないでしょうか?術後痛みや腫れが起こるか心配です。
A:矯正手術は口腔内あるいは耳横の髪の生え際付近を切開して行います。口腔内の傷跡はまず人目に付くこと自体ありませんし、耳の横の髪の生え際も傷跡が髪に隠れて目立ちにくいので問題ないでしょう。個人差があるものの傷跡自体も時間経過と共に次第に気にならなくなります。腫れと痛みに関しても個人差はありますが、両方とも術後2~4週間すればまずおさまるでしょう。痛みは処方される鎮痛剤でカバーできる程度ですし、腫れについてもダウンタイムを長めに設定したり、マスク装着などでカバーすればよいかと思われます

※上記「頬骨 矯正」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •