•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ削り

以前からエラ張りでひどく苦しんでいましたが、やっと準備が整ったのでエラ削りをやることができました。手術後は腫れて顔がパンパンでしたが、手術自体は無事に終わったので良かったです。私が希望したほど輪郭は変わっていないので高額なお金を払った割には少し心残りなように思いましたが、先生からは「これが以上は削れないよ」と言われたので我慢するしかないですね。
エラ削りは困難な手術でベテランの先生を選択する方が良いということを、手術後に2chで知りました。私の執刀医の腕はイマイチだったと思います。今から受けようとしている人はしっかりとリサーチすることをお勧めします。
ちなみに韓国では絶対にしてはいけません。形は変だし患者の苦情を聞かないしで最悪みたいですよ。韓国は安いし2chや口コミですすめられたので私もその気になったけど、後日、失敗した人のブログを読んで怖くなりました。日本で最高の技術をもった医者にやってもらうのが一番ってことです

この手術は顔が良い意味でかなり変わるので、そこまで覚悟がない人(整形にたいして後ろめたさを持ってる人)は止めた方がいいです。心の準備ができていれば、エラ削りは非常にナチュラルな骨格にしてくれるので、強くお勧めします。私はそれで自分に自信が持てましたよ。
ただし、ドクター選びはかなり時間をかけないと失敗すると思います。エラ削りをしたことで人生がバラ色になるかドドメ色になるか、それが分かれ道だと思います。名医と言われるドクターは安い費用では受けれません。絶対に「低価格だから」という理由で選ぶのは止めてください。
それと口コミに惑わされないでください。私も掲示板や2chで好評なドクターのカウンセリングに行きましたが、最悪な態度で直感的に「このドクターにエラ削りをやってほしくない!」と思いました。我ながら正しい判断だったと思います。少し値が張っても絶対にお金をケチることはだめです

エラ削りと同時に頬の脂肪吸引を受けてから3年が経ちました。劇的な変化はありませんが、自分の中で満足しています。小顔にしたい理想があったのでけっこう近づいたと思ってます。私が最も変化を感じたときは手術の前後の写真を見比べたときで、理想的な輪郭であると感じました。しかし、2chでも書かれているようにエラ削りの後はかなり痛いのでもうやりたくないです。周囲の誰にも指摘されることはないので、本当に自己満の世界なんだと思います。そういう意味では「明るい性格になったね」とは言われるようになりましたが(笑)100万円以上のコストとダウンタイムの難しさを考えると、もう輪郭の手術はないかな…って感じです。手術を予定してる人にはゴメンナサイですけど、本当に一人のダウンタイムはしんどいです。でも絶対に乗り切れるので成功を祈ってます

2chで教えてもらった先生にエラ削りをしてもらいましたが、結果は失敗です。左右差が酷くてマスクを手放せない生活を送るはめになってしまいました。
カウンセリングでは希望するタレントさんの写真を見せてまで説明をして、先生もできるって言うからやったのに…後悔しかありません。
最初の手術でかなりの大金を使ってしまったので今は貯金もありません。修正手術を受けたくても受けれないんです。
私のように2chを参考にクリニック選びをしてる人も大勢いると思います。たしかに情報も多いので役に立ちますが、必ずしも書かれていることが真実とは限らないことを頭に入れておくべきです

せっかくエラ削りを行ったのに事前の打ち合わせと違う内容の手術をされて、望んだ結果になりませんでした。クリニックはこちらに非があるといった感じの対応をしてきて本当に残念です。しかも事前に言われなかった麻痺が起こってます。唇の周囲の感覚がないのでヨダレを垂らしたりご飯がついていても分かりません。前までは友達と毎週末ディナーを楽しんでいたのに、今は断り続けてます。すっごく悔しくて2chや掲示板に美容外科医の名前を書きたいくらいです。今はギリギリのところで思い留まってる状態です。これ以上、私のような不幸な人の数が増えないことを願っています

自分のコンプレックスを改善するためにかなりエラ削りを行いました。詳細としてはエラ削りの他に諸々の手術も加算されたのでかなり大がかりな手術でした。今はダウンタイム真っ最中なので結果はまだ分かりません。でも先生から計画通りに手術できたと言われてるのでたぶん大丈夫だと思います。手術から1週間経ってるのでバンドの取り外しもかなり慣れてきました。ダウンタイム中はかなり暇です(笑)私の場合は内出血が酷いのでマスクでも隠れないくらい首元の赤黒さがまだあるのでもうしばらく外出は無理です。2chでも読みあさって同じ境遇の人でも探すことにします(笑)

※上記「エラ削り」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •