•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ削り

エラ削り評判で多いのが「顎の先端からエラまでのフェイスライン全体を総合的に考えるということが大切です」という内容です。
・エラというのは下顎角と正式には呼ばれていて、ごついイメージを気にする人が多いみたいです。
・従来のエラ削りでは下顎角のみが切断されているので、2つのコーナーが形成され不自然な不均一な誤差が生じたという評判が多いようです。
従来の手順・・
・エラ削りは角度調整に技術を要するので、実際に患者が希望の結果を得るには慎重を期します。
・下顎角を含む皮膚の切除は下顎体の皮膚切除とコーナーの全層切除を同時に行う技術でです。
・エラ削りは外形だけでなく前面の改善も含めた術式であるため、そのぶん手技が複雑です。
・下顎角の形状や骨の過度の切除により、下顎の一部があまりにも窪んだり、穏やかな線にならなかったりすることがあります。|2ch

・クリニックによっては欠点を補った評判の方法でをエラ削りで行っています。
・下顎角はその名が示すとおり滑らかな角がなければ美しいとは言い難いでしょう。
・エラは顔と首の境界を作るのであまりにも大きくカットすると顔と首の境界が不明瞭になり顔の鮮明さが失われます。
・エラだけを考えるよりも専用の器具を使用し理想的なラインの先端から下顎の骨ラインに沿って直線的に骨を切断して、顎の先端から下部の顎の角度まで全体のフェイスラインを包括的に考慮し、可能な限り高く動かします。その結果、横顔だけでなく正面顔の印象も変更することができるともっぱらの評判です。
・ヴェリテでは経験豊かな医師が多くいるため、手術時間も短いので大きな負担なしにエラ削りを行うことができます。

ヴェリテでは経験豊富な医師が患者の将来を考慮に入れつつリスクの少ないエラ削りを行っていると評判です。
・全身麻酔は点滴または吸入いずかのやり方で麻酔を送ります。
・人工呼吸器で呼吸を管理し、患者は完全に眠っているので手術中に痛みを感じません。
・エラ削りは全身麻酔で行われるため、痛みを感じません。手術後に痛み止めなどを与えてさらに安心ですです。
・メイクに関しては翌日からも可能です。ただし腫れが強いときはご遠慮ください。
・クリニックでの術後検診は術後1週間、2週間、6ヶ月です。
・縫合部を消毒するためうがいで口の中をきれいに保つようにします。
・シャワー・バスは翌日からも可能です。腫れが強いなら軽いシャワー。血流が良くなってしまう入浴は1週間後あたりが目安になります。
・洗顔は翌日から可能です。痛みや腫れが強い時には蒸しタオルで拭きます。
・エラ削りの2週間後までタバコもアルコールも禁止です。
・スポーツも腫れや痛みを押さえるため2週間は禁止です。

エラ削りの手法について
・特殊プレートを使用して左右差のない精密骨切り術
プロファイルでは下顎角(ゴニオン角度)が120°から130°までが美しいと言われています。
伸張している人はしばしば120°未満のゴニオン角を有し、この角度が90°に近づくと正面が正方形の面になり、輪郭もまた増加する。
私たちの病院では、下顎骨の輪郭を自然な線にするために、120°から130°までのゴニオン角度と、ellaから前部操作に近い部分まで骨を配置して美しい下顎にする下顎角結膜手術を実施します。
ちなみに通常の口腔内法によるエラ削りでは視界が悪く、特にEllaの後縁がほとんど見えないので手術がやりにくいのです。
△評判のテーマから逸脱 m(_ _)m

後方に突出しているエラを理想的な形状に仕上げるためには、図に示すように誤差の後端を正確にトリミングすることは極めて困難です。したがって、ほとんどの美容整形クリニックのエラ削りでは下顎の後縁を切断しません。私たちの病院では下顎枝の後縁を切断し、それから実際の下顎模型のメタルガイドプレートを使用し、自然で美しいエララインに仕上げます。
前弓下顎の幅を縮小したい場合は、エラ削りだけで十分な小さな顔面効果を得ることはできません。正面で下面を小さくしたい場合は、エラ削りに加えて下顎骨外板切除の手術を行う必要があります。
下顎角手術(エラ削り)の外科的方法
[1]大臼歯の外側の口腔粘膜に約5cmを切開。
[2]下顎の骨の表面部分を骨膜を剥離する道具で剥離を進めていく。
[3]患者の3次元モデルをもとに作成された金属ガイド板を下顎に取り付ける。
[4]振動鋸で下顎角から下顎縁の前まで切断(金属骨のガイドに沿って)。
[5]ガイドを外し、顎部分からEZ – canterを使って下顎縁の段差を削ります。患者のモデル上に作成されたガイドを使用することにより、左右対称の美しい下顎角を形成することができると評判です。

下顎角形成(EZカンター法)
[1]マニアの下の皮膚を約1cmの切開で切る。
[2]掻爬すべき範囲の骨膜をEZカンター専用のピーラーで除去する。
[3] EZ canterファイルでは、下顎の角度から最も近いところで下顎を削ります。 EZカウンターは、骨を削りつつ削った骨を吸引しながら、骨切断面を洗浄する機能を有する。マニピュレータの下の皮膚には約1cmの傷跡が残っていますが、注意を払わないと不明です。

下顎切除術
[1]大臼歯の外側の口腔粘膜を約5cm切開。
[2]通常のエアラ削りと同じ作業。
[3]レーンの一部の外側の骨皮質を電気ファイルで擦って、矢状の鋸で囲まれた下顎骨の外に骨皮質をスライスする。
[4]電動ファイルを使用してステップを修正します。
△評判のテーマから逸脱 m(_ _)m

※上記「エラ削り 評判」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •