•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


受け口 しゃくれ

・上の歯より下の歯が前に位置している受け口は、下顎全体が前に突き出していたり、下顎がしゃくれていることもあります。
・受け口には様々なデメリットがつきまといます。
・受け口だと発音がしにくいため滑舌が悪くなりがちで会話がスムーズにいきません。
・さ行とた行が特に発音しずらくなるみたいです。
・発音や滑舌が悪く上手く話せない経験がコンプレックスになり、意思疎通が阻害されることもあります。
・また歯の噛みあわせが良くないため固い物が食べづらくなります。
・食事するのにやたら時間がかかったり、よく噛まないで飲み込むせいで消化不良を起こしてしまうこともあります。
・噛みあわせが悪いため食べかすが歯や歯間に残った結果、虫歯になるおそれがあります。
・歯並びは体全体のバランスに関係しており、受け口だとそのバランスが崩れ肩こりや腰痛をおこしやすくなります。
・受け口だとしゃくれた顎が目立ってしまうので、外見を気にする女性は多いでしょう。
・しゃくれや受け口は理想的な横顔の基準であるEラインからも大きく逸脱してしまいます

・受け口やしゃくれ顎を短期間で治すなら下顎枝矢状分解術がオススメです。
・歯列矯正を行っても受け口が改善しなかった人にも適しています。
・下顎付け根部分の骨切りを行うことにより下顎を後退させ受け口を改善します。
・1週間程度の入院が必要ですが、歯列矯正よりも早く受け口やしゃくれを治療できるため人気の手術です。
・口の中から施術するのが基本のため傷口が目立つことはありません。
・顎のえら部分に傷跡が残りますが、半年ほどすると目立たなくなってきます。
・自分の顔に何らかのコンプレックスがある人は決して少なくありません。
・他人は気にならなくても自分にとっては悩みの種だったりします。
・それが原因で内向的な性格になるおそれもありますから、美容整形手術を考えてみてもいいかと思います。
・手術箇所次第で料金や治療期間など色々と違いますから、前もってしっかり調べたりカウンセリングに行くことが大切です。
・例えばしゃくれた顎や受け口に悩んでいるなら矯正か手術かで顔の印象は色々と変ってきます

・受け口を気にするあまり人に会うのが億劫な人もいるんじゃないでしょうか。
・もしそうなら受け口改善の施術をぜひ美容整形外科で受けてみてください。
・いわゆるしゃくれ顎を骨切り手術によって改善することが可能です。
・なお骨切りを行わずとも治療する事が出来る場合もあります。
・患者それぞれの顎の状態に沿って施術するので、まずちゃんとしたカウンセリングを受けてみてください。
・外科手術を行わない場合歯の矯正で治療することになります。
・メスで切開しないため比較的気軽に施術を受けれますが、受け口の状態により施術内容が違ってくるので医師の診断が必要です。
・クリニックごとに施術方法およびその内容が異なるため確認してください

※上記「受け口 しゃくれ」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •